子どもの為の費用を異常に出し渋る~モラルハラスメント - 夫婦問題全般 - 専門家プロファイル

佐藤 千恵
行政書士東京よつ葉法務オフィス 
東京都
離婚アドバイザー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:夫婦問題

高草木 陽光
高草木 陽光
(夫婦問題カウンセラー)
小林 美智子
小林 美智子
(夫婦問題カウンセラー)
松山真己
(臨床心理カウンセラー/パーソナルコーチ)

閲覧数順 2017年02月26日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

子どもの為の費用を異常に出し渋る~モラルハラスメント

- good

モラルハラスメント ブログから

*   *   *   *   *   *
モラルハラスメント被害 
女性の離婚専門板橋区の女性行政書士 
東京よつ葉法務オフィス
モラハラ行政書士のちえぼぅです


第9回モラルハラスメント語りと癒しワーク
番外編 

子ども×心×お金 シングルママワーク

開催します

とき:2012年9月29日(土)10:00-12:30
ところ:中山到税理士事務所(文京区本郷2丁目)
料金:お一人さま3,000円

参加者お一人につきお子さん一人無料

2人目以降のお子さんの参加は1,500円
*お飲み物、お菓子用意します
*途中退席自由
*シングルママ、シングルママ予定の方限定*

詳細は コチラ  の記事をご覧下さい
*満席になりました

*   *   *   *   *   *







モラハラ夫は、自分以外のことに関してはとにかく

吝嗇であると言う事は、


モラハラの知識がある方にとっては常識かと思います。



(もちろん例外的に「経済面では問題ない」という

ケースもありますが)






妻子にお金をかける事が損だ、とすら考えている

モラハラ夫にとって、



学費が発生する高校以降の子どもの進学は必要無い、と


明言するモラハラ夫すら現実に存在します。





被害者妻としては、子どもの為に高校は勿論、


子が希望するのであれば大学だってできるなら

行かせてあげたいと考える。




高校以降の子どもの進路についてモラハラ夫と

話し合うことは、


被害者妻にとってとても骨の折れること

だったりします。







現代の進学率からみても


今は高校へ進学するのが一般的、といって

差し支えないと思います。




また、高校から先の大学や専門学校等での学びも、


同じく進学率などをみると一般的といって

良いのではないかと考えます。



(もちろんどこまでの高等教育を受けるかは

個人の考え方が尊重されるべきとですが)






ですが、何せ


「常識」


「一般論」


が通用しないモラハラ夫。





妻が


「今時高校位はいかせるのが普通でしょ。」


等といっても


「普通ってなんだ!」


「お前が勝手に言っているだけだろ!」


と言い出し、お話になりません。







また、モラハラ夫は矛盾した事も平気で

言い出しますので、ある時は



「おれは一般論や普通だから、で考えるのは

嫌いだ。」


と言っていながら、都合の良いときだけ



「普通はこうだろ」


「これが常識」


等と言い出します。










ご相談をお受けしていて一番心が痛むのが。。




子どもがしっかりとした目標を持っていて、


親や大人が少し応援してあげればそれが

叶えられそうな時。





そんな時に、モラハラ夫が


「金銭的にはできるのに応援しない」


事によって、


その子の夢が絶たれたり不当な遠回りを余儀なく

されそうになっている時です。





ここで言う「親がする少しの応援」とは、



苦手科目だけ塾に行かせてあげるとか、


参考書をせめて一冊買ってあげたら、と言ったレベルの

事なのです。




もちろん、すでに家計が苦しい時場合などであれば、


「これも自分の運命、課された課題」


として、本人の努力が必要になってくると思います。





ですがモラハラ夫の場合、


自分は毎日自由に飲み歩いてお金を使ったり、


趣味の車や自転車などには惜しげ無くお金を

使っている。




それなのに、子どもに対しては


参考書一冊買ってあげることすら渋る。。






自分の子どもの夢なのに、応援する気は無いのか。。




まぁ、自分だけが良ければ良いのでしょうね。。






本当に情けなく、


そしてやるせなく感じます。







*   *   *   *   *   *
東京よつ葉法務オフィスでは、女性の離婚、
子連れ離婚、離婚協議書や内容証明の作成

モラルハラスメントのご相談を受付けています。

初回相談は30分無料ですのでどうぞご利用下さい
東京よつ葉法務オフィス
離婚支援センター

電話:03-3579-8577
メールinfo@yotsuba-houmu.com

◆営業時間◆

平日 9:30~19:00

土日祝日は定休日です

ご相談は事前予約制です

時間外の業務についてはご相談ください
*   *   *   *   *   *

このコラムに類似したコラム

一年を振り返って 佐藤 千恵 - 離婚アドバイザー(2012/12/30 10:06)

心を真っ直ぐに見つめる~モラルハラスメント 佐藤 千恵 - 離婚アドバイザー(2012/12/27 10:06)

疲れた時は。。。♪ 佐藤 千恵 - 離婚アドバイザー(2012/12/23 10:06)

自分だけが正しい~モラルハラスメント 佐藤 千恵 - 離婚アドバイザー(2012/12/21 13:06)

怒りの表現方法が尋常ではない~モラルハラスメント 佐藤 千恵 - 離婚アドバイザー(2012/12/20 09:06)