相手の考えを引き出す質問をする - 各種の人材育成 - 専門家プロファイル

松下 雅憲
株式会社PEOPLE&PLACE(ピープルアンドプレイス) 代表取締役
東京都
店長育成・販売促進ナビゲーター

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:人材育成

中沢 努
中沢 努
(コンサルタント・研修講師・講演講師)

閲覧数順 2016年12月09日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

相手の考えを引き出す質問をする

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 人材育成
  3. 各種の人材育成

人気ブログランキングへ


人材・教育業 ブログランキングへ




「今言ったことは、わかりましたか?」

よくこういう質問をすることがあります。

これに対する答えは、「YES」か「NO」です。

質問者が、上位にいる場合は、無意識に「YES」を求めています。


これを、「クローズドクエスチョン」と言います。

相手の考えを聞くと言うよりは、自分に同調するかどうかの判断を聴いているケースによく使われます。

私のこと「好き?」「嫌い?」

ちゃんとやってる?

あれ出来た?


相手の考えは聞いていません。

「YES」「NO」も聞いていません。

「YES」だけを求めています。


これを続けていると、次第に相手は、考えなくなります。

上司の意見に対して、自分の意見を照らし合わせながら、
違いを考えたり悩んだりするのではなく、上司の指示をそのまま聞くようになります。

一見、素直なよい子に見えます。

しかし、考えないので、理解度は非常に低い。

いくら説明しても考えないので、根っこまでは理解出来ない。

理解したかどうかも、「解りましたか?」と聞くので、「YES」と答えるだけ。

「NO」を言うと、「なんで理解出来ないんだ!」
と叱られるので、少しくらい解らなくても「YES」と言っておきます。


クローズドクエスチョンを繰り返していると、一見素直なよい子が育ちます。

けれど、このよい子には、上司の考えは理解出来ません。

良い返事をするだけです。


相手の考えを引き出す質問をするのは、面倒くさいのです。

疑問がどんどん出てきます。

解らないからです。

でも、それは彼らの理解力が悪いのではなく、上司の説明が悪いからなのです。


その代わり、じっくり質問に答えるようにすると、理解度は抜群に上昇します。

結果、プロジェクトやミッションの成功率は、向上することになります。

すぐ質問してくる、面倒くさい部下が多い上司は、ラッキーです。

真剣にあなたの考えを理解したがっているのです。


考えを引き出す質問。

それは決して、「YES」「NO」では答えられません。

そう言うオープンクエスチョンを心がけると、部下が育ちます。

あなたが、自分の説明力を棚に上げず、部下に、心を開いて質問すれば、
あなたの業績は格段に向上することでしょう。


「これについて、君はどう思う?」

「どの様に解釈したかを、話してみてくれないか?」

「どんな風に好きですか?」

「プロジェクトは、どの程度進捗していますか?」


さあ、これで、あなたもスーパービジネスマンです!


さて、今日のブログ、意味解りましたか?( こら!)



人気ブログランキングへ


人材・教育業 ブログランキングへ

 |  コラム一覧 | 

このコラムに類似したコラム

変化を意識して起こす 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2016/06/15 11:11)

「相手軸な人」④やる気を高めるメッセージカード 松下 雅憲 - 店長育成・販売促進ナビゲーター(2013/04/16 06:14)

「相手軸な話」㉞何でもお見通しだ! 松下 雅憲 - 店長育成・販売促進ナビゲーター(2013/03/28 06:35)

盛りだくさんのGCP4期バンガロール研修 豊田 圭一 - 研修講師(2013/03/10 01:26)

グローバルチャレンジプログラム4期始まりました! 豊田 圭一 - 研修講師(2013/01/27 01:08)