「アメリカの銃乱射事件」に見る人の価値 - 営業施策全般 - 専門家プロファイル

吉成 篤
セールストレーニング研究所 代表
東京都
営業コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:営業

水内 終一也
水内 終一也
(経営コンサルタント)
竹内 慎也
竹内 慎也
(営業コンサルタント)
竹内 慎也
(営業コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月08日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「アメリカの銃乱射事件」に見る人の価値

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 営業
  3. 営業施策全般

どうも、吉成です。

つい先日、アメリカで銃乱射事件があった。ダークナイト ライジングの映画の上映中だっだそうだ。むごい事件だ。そんな、犯人は許されることはないだろう。

犯人は、医学生で大学を卒業し、修士号を持っていたらしい。犯人は「修士号を取ったにも関わらず就職ができなかったら。」とコメントしている。そんな自分にイライラしていたのだろう。

目線を変えてみると、日本人も他人事ではない。

アメリカでさえ修士号を取っても就職できない時代になっている。日本においては、アメリカよりもただ単に、MBAを取得しても、単に資格を取得しても、恐らく役には立たないだろう。

中には、持っている資格をとにかくアピールする輩がいるが、「だから何?」って感じ。自分も国家資格と修士号も持っているが、基本的には全面に出さない。「修士=仕事ができるやつ」、「資格=仕事ができるやつ」ではないから。

今回、事件の裏側で、私は改めて、ただ単に修士号や資格取っても意味がないと、心底感じた。やはり、「取ってからどうするか?」、「取ってどうするか?」ってはっきりとした計画や目的がないと意味がない。

ちなみに、私は中小企業診断士という国家資格を持っているが、その資格持っているからといっても、自分は仕事できるとは思っていない。なぜそう思うかというと、繰り返しになるが、「資格=仕事できるやつ」ではないからだ。まだまだ、私は勉強しなくてはいかん。経験を重ねなくてはいかん。

ある大学教授は「資格を取った君たちは一人前だ」的などうしようもないことを言っている大学教授もいる。資格取ってからがスタートだろうに・・・そういう、かわいそうな学生さんは勘違いしないようにしてほしいと切に願っている。

自分は勘違いしないように気をつけよう。

今日は以上。


営業コンサルタント
吉成 篤
http://www.facebook.com/yoshinari.office

このコラムに類似したコラム

中小企業診断士試験 吉成 篤 - 営業コンサルタント(2012/08/03 21:10)

中小企業診断士試験 吉成 篤 - 営業コンサルタント(2012/08/03 18:30)

なでしこ勝利と宣伝 吉成 篤 - 営業コンサルタント(2012/07/26 20:28)

休息 吉成 篤 - 営業コンサルタント(2012/07/07 23:09)