2012年上期ヒット商品番付 - 広報・PR・IR全般 - 専門家プロファイル

中村 英俊
株式会社第一広報パートナーズ 代表取締役 広報コンサルタント
東京都
広報コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:広報・PR・IR

豊田 健一
豊田 健一
(広報コンサルタント)
採用広報プランナー 白井 千絵
採用広報プランナー 白井 千絵
(採用コンサルタント)
豊田 健一
(広報コンサルタント)
中村 英俊
(広報コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月10日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

2012年上期ヒット商品番付

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 広報・PR・IR
  3. 広報・PR・IR全般

日本経済新聞社が2012年上期の日経MJヒット商品番付を発表しました。


今回の特徴は、「東京スカイツリー」が2位以下を圧倒的に突き放した断然トップということでしょうか。


「東京スカイツリー」が1位であることに関しては余り異論はないかと思いますが、2位以下を見ると、あとは世代や生活習慣、趣向など個人差が多く、どれが大関や関脇、小結や前頭などと万人が納得する形で順位を付けていくことは非常に難しいことかと思います。


広報担当者として大事なのは、的確な順位をつけることではなく、これら幅広いジャンルから抽出されたヒット商品やブームをどれだけ把握していたかということ。


広報担当者は如何に自身の担当の商品を打ち出そうかと集中する余り、結果視野が狭くなってしまう傾向があるように思います。そのため仕事の延長というだけではなく、個人の広報担当者として、一消費者として世の中の動きをキャッチしていく努力が日々大切と言えます。


業務の延長線上だと余り視野を広げられませんが、時々”素”になってアンテナを広げて情報収集をすることをお勧めします。


自身の担当商品のニュース性を上げられる情報やヒット商品の販促活動など実務に参考となる情報も収集できると思います。


この下半期、敢えて意識して幅広い情報収集をしてみては如何でしょうか?


ご参考:2012年上期ヒット商品番付



クリックをお願いします!












 |  コラム一覧 | 

このコラムに類似したコラム

3月は振り返りの季節 中村 英俊 - 広報コンサルタント(2013/03/15 07:52)

誇大表現の効果 中村 英俊 - 広報コンサルタント(2012/12/07 06:43)

2012「新語・流行語大賞」候補50語発表 中村 英俊 - 広報コンサルタント(2012/11/09 08:24)

記録性もニュース性 中村 英俊 - 広報コンサルタント(2012/06/13 08:47)

今年の夏対策、把握してますか? 中村 英俊 - 広報コンサルタント(2012/05/28 04:24)