再生計画案決議,再生計画認可,認可決定確定 - コラム - 専門家プロファイル

東郷 弘純
東郷法律事務所 代表
東京都
弁護士
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

再生計画案決議,再生計画認可,認可決定確定

- good

こんにちは 弁護士の東郷弘純です。
今日は

再生計画案決議,再生計画認可,認可決定確定

について説明したいと思います。



裁判所は,再生計画案について,書面による決議又は債権者集会による決議に付します。

再生計画案を可決するには、①議決権者の過半数の同意 ,②議決権者の議決権の総額の2分の1以上の議決権を有する者の同意が必要です。

再生計画案が可決された場合には、裁判所は、以下の場合を除いて、再生計画認可の決定をします。以下の場合は,裁判所は再生計画不認可の決定をします。

・再生手続又は再生計画が法律の規定に違反し、かつ、その不備を補正することができないものであるとき。ただし、再生手続が法律の規定に違反する場合において、当該違反の程度が軽微であるときは、この限りではありません。

・再生計画が遂行される見込みがないとき。

・再生計画の決議が不正の方法によって成立するに至ったとき。

・再生計画の決議が再生債権者の一般の利益に反するとき。

認可決定の確定は、認可決定が官報に掲載され公告されてから2週間の経過により確定します。再生計画は、認可の決定の確定により、効力を生じます。


倒産法務をもっとしりたい方は債務整理解決.comまでご連絡ください。
当事務所のフェイスブックページはhttp://www.facebook.com/togolawoffice です。


このコラムに類似したコラム

手続終結決定 東郷 弘純 - 弁護士(2012/06/06 17:24)

再生計画案の提出 東郷 弘純 - 弁護士(2012/06/06 17:22)

簡易再生 東郷 弘純 - 弁護士(2012/06/06 17:25)

同意再生手続 東郷 弘純 - 弁護士(2012/06/06 17:41)

詐害行為取消権とは何ですか。 東郷 弘純 - 弁護士(2012/06/06 15:42)