住宅ローンを支払いながら個人再生を行う場合(住宅資金特別条… - コラム - 専門家プロファイル

東郷 弘純
東郷法律事務所 代表
東京都
弁護士
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

住宅ローンを支払いながら個人再生を行う場合(住宅資金特別条…

- good

こんにちは、弁護士の東郷弘純です。
今日は住宅ローンを支払いながら個人再生を行う場合(住宅資金特別条項を利用する場合)の注意点について説明したいと思います。

住宅資金特別条項を利用する場合の注意点として、以下の点があります。
まず、この場合の住宅は、再生債務者が所有し、自己の居住の用に供する建物であり(マンションでも可)、その床面積の1/2以上に相当する部分について専ら自己の居住に用に供している必要があります。ただし、自己が居住の用に供する建物であるという要件については、一時的な転勤等の事情で居住していない場合でも転勤後に居住する事情がある場合は住宅として認められる可能性があります。
次に、住宅の建築、購入、改良のために分割払いの約束で借入した債権(住宅ローン債権)で、当該債権等を担保するための抵当権が住宅に設定されている必要があります。
さらに当該住宅に住宅ローン以外の債権の担保権が設定されていたり、住宅の敷地部分に抵当権が設定されている場合は住宅資金特別条項は利用できません。
以上の他にも個別の事情によって注意しなければならない点がありますので、詳しくは弁護士に御相談ください。


個人再生・債務整理についてもっと詳しくしりたい方は債務整理解決.com をご覧ください。
東郷法律事務所フェイスブックページ
http://www.facebook.com/togolawoffice/



このコラムに類似したコラム

債務整理と自宅マンション 東郷 弘純 - 弁護士(2012/06/05 11:31)

会社が破産した場合の債務整理手続 東郷 弘純 - 弁護士(2012/06/04 11:14)

どんな場合に個人再生手続が選択されるの? 東郷 弘純 - 弁護士(2012/06/01 09:52)

どんな時に債権者を選んで任意整理できるの? 東郷 弘純 - 弁護士(2012/05/31 13:27)

債権の確定 東郷 弘純 - 弁護士(2012/06/06 17:21)