我慢すれば、やって行ける。。~モラルハラスメント - 夫婦問題全般 - 専門家プロファイル

佐藤 千恵
行政書士東京よつ葉法務オフィス 
東京都
離婚アドバイザー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:夫婦問題

高草木 陽光
高草木 陽光
(夫婦問題カウンセラー)
小林 美智子
小林 美智子
(夫婦問題カウンセラー)
小林 美智子
(夫婦問題カウンセラー)

閲覧数順 2016年12月09日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

我慢すれば、やって行ける。。~モラルハラスメント

- good

モラルハラスメント ブログから

*   *   *   *   *   *
モラルハラスメント被害 
女性の離婚専門板橋区の女性行政書士 
東京よつ葉法務オフィス
モラハラ行政書士のちえぼぅです


第7回モラルハラスメント語りと癒しワーク
開催します

とき:2012年6月2日(土)10:00-12:30
ところ:西新宿KIHビル(西新宿7丁目)
料金:お一人さま3,000円
*お飲み物、お菓子用意します
*途中退席自由
*女性限定*
詳しくは こちらの記事  をご覧下さい 
*   *   *   *   *   *





「結婚後、夫が少しずつ変わって行って。。


何か変だと思ってはいたのですが、


私が我慢すれば大丈夫と思っていたんです。」




新規でご相談にいらっしゃった、とある方の

言葉です。






「我慢すればやって行けると思っていました。」


「私が我慢さえ出来れば、今でも夫婦では

いられたと思います。」


「最初は、私が我慢すれば良いと思っていました。」



多くの、夫からモラハラ被害を受けている女性が

この様にお話されます。






ご相談者さまの多くが、モラハラ夫から


「お前は我慢が足りない。」


「お前は心が弱すぎる。」


等、心無い言葉を浴びせられています。



が、上記の言葉からも分るように、

妻の立場の女性はその多くが

既に我慢に我慢を重ねているのです。



そうして


「自分が頑張らなきゃ」

「自分さえ我慢すれば良いんだ」


そう自分に言い聞かせながら、



それでももう心が辛くて悲しくて苦しくて、


そうしてどうしようも無くなってからようやく、



夫に別居や離婚を言い出したり、私の事務所に

ご相談にいらして下さるのです。





離婚や別居を言い出した途端、モラハラ夫は


「お前は我慢が足りない」


「お前は弱すぎる」


「こんな程度で家族を捨てるのか!」


等、妻を責めますが。。



妻が離婚や別居を言い出した時点で、実は既に

相当の我慢や辛抱を妻はしているのです。






今現在も、


「私さえ我慢すれば良いんだ」


と思っている、夫からモラハラ被害を受けている

女性もいらっしゃると思います。




そんな状況の女性たちに私がお伝えしたいのは。。



「我慢には、必ず限界があります。」


と、言う事です。



我慢は無限に続けられるものではありません。



必要な我慢であれば、それによって

得られるものもあるでしょうが、


モラハラ夫との生活における我慢は、

基本的にする必要の無い我慢である事が

多いのです。





自分を殺して生活を続けるには、

限界があるのです。







*   *   *   *   *   *
東京よつ葉法務オフィスでは、女性の離婚、
子連れ離婚、離婚協議書や内容証明の作成に
ついてご相談を受付けています。

初回相談は30分無料ですのでどうぞご利用下さい
東京よつ葉法務オフィス
離婚支援センター

電話:03-3579-8577
メール:info@yotsuba-houmu.com
*   *   *   *   *   *

このコラムに類似したコラム

一年を振り返って 佐藤 千恵 - 離婚アドバイザー(2012/12/30 10:06)

心を真っ直ぐに見つめる~モラルハラスメント 佐藤 千恵 - 離婚アドバイザー(2012/12/27 10:06)

疲れた時は。。。♪ 佐藤 千恵 - 離婚アドバイザー(2012/12/23 10:06)

自分だけが正しい~モラルハラスメント 佐藤 千恵 - 離婚アドバイザー(2012/12/21 13:06)

怒りの表現方法が尋常ではない~モラルハラスメント 佐藤 千恵 - 離婚アドバイザー(2012/12/20 09:06)