広報部は雑種 - 広報・PR・IR全般 - 専門家プロファイル

中村 英俊
株式会社第一広報パートナーズ 代表取締役 広報コンサルタント
東京都
広報コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:広報・PR・IR

豊田 健一
豊田 健一
(広報コンサルタント)
採用広報プランナー 白井 千絵
採用広報プランナー 白井 千絵
(採用コンサルタント)
豊田 健一
(広報コンサルタント)
中村 英俊
(広報コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月05日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

広報部は雑種

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 広報・PR・IR
  3. 広報・PR・IR全般

広報部とひとことで言っても様々な方が在籍しています。


新卒で広報部に配属されて永年広報部勤務というケースは極めて稀であり、ローテーションで広報部に転属になることが多いのではないでしょうか。


つまり広報部にはさまざまな部門の出身者の集まりであると言えます。


これには”強み”の部分と、”弱み”の部分が混在します。


強みとしては、各部門の経験者がいることからその出身部門との人脈、情報ルートが活用できる他、自身の経験も含めて出身部門の案件では自身の言葉で話ができるということは非常に大きな強みと言えます。


そして各部門からその様な経験者が集まっていることで、情報収集力も向上し、また説明力向上にも寄与していると言えます。


その反面、多くの経験、多くの想いが混在していることでのデメリットも存在します。


やはり各自の部門での経験年数が多いほど、自身の会社と言えども出身部門を中心に考えてしまいがちです。つまり同じ広報部内で多くの異なる会社のイメージが存在することになります。


例えば、複数いる広報部員の方それぞれに”御社の会社の強みは?”と問うと、やはり様々な意見が出てくることが少なくありません。


広報部門が雑種であることを強みにするためには、想いや考え方などの統一を図っていくことが重要と言えます。この作業を放置しておくと、それぞれの部員が違った想いを持ってバラバラな会社のイメージを発信していることになります。


一度部員を見渡し、振り返ってみては如何でしょうか?


また一人広報の場合は、自身の感覚や想いが偏っていないかというチェックを時々行うことをお勧めします!

クリックをお願いします!












 |  コラム一覧 | 

このコラムに類似したコラム

いつも頭に付箋紙を! 中村 英俊 - 広報コンサルタント(2013/08/12 09:43)

妄想リリース活用のススメ 中村 英俊 - 広報コンサルタント(2012/06/26 11:28)

SNS時代の社内広報 豊田 健一 - 広報コンサルタント(2012/04/11 22:26)

社内報のグローバル化 豊田 健一 - 広報コンサルタント(2012/04/09 22:36)

”思い込み”はご法度 中村 英俊 - 広報コンサルタント(2012/04/02 09:43)