”思い込み”はご法度 - 広報・PR・IR全般 - 専門家プロファイル

中村 英俊
株式会社第一広報パートナーズ 代表取締役 広報コンサルタント
東京都
広報コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:広報・PR・IR

豊田 健一
豊田 健一
(広報コンサルタント)
採用広報プランナー 白井 千絵
採用広報プランナー 白井 千絵
(採用コンサルタント)
豊田 健一
(広報コンサルタント)
中村 英俊
(広報コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月10日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

”思い込み”はご法度

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 広報・PR・IR
  3. 広報・PR・IR全般

皆さん、思い込みで仕事をされることはありませんか?


他の仕事でもそうだろうと思いますが、広報業務でしてはならないことのひとつに"思い込み"があります。


・現場に確認したから間違いない

・永年の経験上

・以前からそうだから

・業界の慣例だから

・社長が言ったから


これらは日々の業務上でよく頭を過る感覚だろうと思いますが、全て思い込みであり下記のデメリットやリスクが潜在しています。


①ニュース性を向上しきれていない

 どうせそうだろうと思っていると、それ以上の価値は見出せません。組織内での価値は一定だとしても、社会は目まぐるしく変化しており、社会的価値は全く別の話と言えます。ニュース性を評価する場合は、固定概念を取り払って検証していくことが重要だと言えます。


②誤報を生む

 固定概念に囚われ、確認をしない、或いは十分な確認を行わなければ、誤報を生むことにもなります。もっと言えば、”有事”という事態も招きかねません。○○したつもり、ではなく、黒子ではあるものの会社の代表者の広報担当として十分な検証を行い、自身で納得した上で発信していく、業務を遂行していくことが重要だろうと思います。


刑事ではありませんが、常に疑ってかかることも重要な事だろうと思います。

クリックをお願いします!















 |  コラム一覧 | 

このコラムに類似したコラム

昼食の食べ方で解る広報マンの資質 中村 英俊 - 広報コンサルタント(2013/05/27 07:56)

広報部は雑種 中村 英俊 - 広報コンサルタント(2012/05/11 08:43)

知らない記者からの取材依頼 中村 英俊 - 広報コンサルタント(2012/04/19 09:53)

誇れる会社にする 豊田 健一 - 広報コンサルタント(2012/04/10 18:51)

記者が欲しいのは今書けるネタ 中村 英俊 - 広報コンサルタント(2012/03/19 10:07)