きらびやかな提案に負ける - Webマーケティング全般 - 専門家プロファイル

株式会社スクロール360 ECコンサルタント
静岡県
Webプロデューサー
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

きらびやかな提案に負ける

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. Webマーケティング
  3. Webマーケティング全般
コンサルの旅

あれは、4、5年前のことになります。

誰もが知ってる某百貨店のインターネット戦略をどう再構築するか、
という提案とコンサルティングを求められました。

最初は、実務担当者様へ、次に部門長へと少しずつ階段を昇るように進み、
経営企画室、役員が並ぶ席での提案となりました。

そこまで昇ったものの、提案内容の体裁はいつも通り。
自分の会社での資料レベルのビジュアルです。
そのことに対して、特に問題はないと思っていたのですが、
後で省みることになります。

役員を目の当たりにした提案は順調に進み、
最後には、トップの方から―
「大変わかりやすく、頼もしい内容でした!」
などと言われ、握手も求められました。

後で経営企画室の方に聞くと、あの方が、あのような反応をすることは滅多になく、
まずコンサルのご依頼をすることは間違いないと思いますが、
それ以上に、引き抜きという可能性もありますので・・・
と言って言葉を濁らせました。

「御社の役員の方に一度ご挨拶をさせていただきましょう!」
などど最後におっしゃっていた意味がわかりました。

この先、どうなることやら。
と思いながら、返事を待ちました。

ところが、意外に返事が遅く、しかもこんな内容でした。

別の会社に決まってしまいました
 どうやら、提案内容のビジュアルに役員がほだされたようです。
 どうしましょう。」
もう何年も前のことですが、このお返事の電話の様子は、
今でも覚えています。

「どうしましょう」と言われてもこっちも困ってしまうので、
何も応えられませんでした。

この時に得た教訓は、「見た目も大事!」ということです。
ビジュアルが良いと相手に伝わりやすいということが、実際あります。
もちろん中身があってこその見た目ですが、
中身に自信があっても、見た目が悪くてうまく伝わらないことほど
悔しいものでもあります。
なので、この一件以来、提案書などを作った時には、
「自分の言いたいことが伝えられているか」という点を
ビジュアル面から見直すようにしています。

一方、この百貨店のお話ですが、
それから数ヶ月先、
「いかがですか」
とご担当の方に尋ねてみますと、
「案の定、中身がないコンサルだったので、結局は自分たちで考えるしかない状態です」
と、暗い感じの様子でした。

その後しばらく、その百貨店の情報に触れるたびに気になるったのですが、
あまり良い情報は見受けられませんでした。



株式会社スクロール360
袴田 剛史 takeshi-hakamata@scroll.co.jp

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(静岡県 / Webプロデューサー)
株式会社スクロール360 ECコンサルタント

実体験をもとにご支援いたします!

「来年度は売上を3倍にせよ!」そんな無謀とも思える指令を受け、途方に暮れた日々も味わいました。それを実現できた喜びも知っています。そんな経験をもとに、皆様のお手伝いをさせていただきます。

カテゴリ 「コンサルの旅」のコラム

値引きに頼らない!(2013/10/01 16:10)

末席から最前列へ(2012/02/13 14:02)

コンサルタントは嫌い!(2012/01/30 17:01)

売上を3倍にせよ!(2011/12/28 16:12)

このコラムに類似したコラム

ホームページ集客コンサルティングは「話を聞く事」 森 美明 - Webデザイナー(2012/08/31 08:40)

デジタルマーケティングの未来 小坂 淳 - ウェブ解析士マスター(2016/01/05 21:53)

インターネット広告の伸び(広告代理店の発表から) 小坂 淳 - ウェブ解析士マスター(2015/03/12 14:54)

SEOについて 田中 紳詞 - 経営コンサルタント/ITコンサルタント(2013/10/06 01:40)

Googleアナリティクス ダッシュボードレポート作成始めました 小坂 淳 - ウェブ解析士マスター(2013/09/27 12:01)