色彩検定2級 じゃ、テーマを絞って学ぼうか-5- - イメージコンサルティング全般 - 専門家プロファイル

安田 紀子
nrk color circle 
神奈川県
カラーコーディネーター
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

色彩検定2級 じゃ、テーマを絞って学ぼうか-5-

- good

  1. 美容・ファッション
  2. イメージコンサルティング
  3. イメージコンサルティング全般
色彩心理・配色

今回は「カマイユ」と「フォカマイユ」です。
この2つは一緒に学んだほうが良いので、まとめてしまいますね。


「カマイユ」は微妙な色使いの絵画技法のことですから、配色技法も、同じように微妙な色使いのことを指します。
ほんの少し違う色味のため、遠くから見ると単色に見えてしまうような配色のことです。

日常では割とよく目にする配色技法なのですが…
3級ではとってもとってもおなじみのPCCSでこの配色をしようとすると、実は難しいのです。
なぜか?


ご存知のように、PCCS配色カードの色相は、ビビッドトーンを除いてすべて一つ飛ばしなのだよね。
奇数の色相番号がないの。ですから、当然似た色合いを選ぼうと思っても、そこまで似た色を選べない。

やはり一見すると単色に見えなければならないくらい似た色というのは、明度・彩度・色相のすべてが近似していないと難しいのでねぇ…
正直なところ、公式テキストのP40に出ている配色例は無理があると思うもん(^^;)


さて、では「フォカマイユ」は?
こちらは「フォ」が付いている分、「カマイユ」ほど似せる必要のない配色です。
近似ではなく類似でいいの。少し離れてしまっても許されるんだよね。

個人的な意見を言わせてもらうと、テキストに出ている「フォカマイユ」のほうが「カマイユ」の例っぽく見える気がします。


特に、それぞれの3番目の例なんて、「カマイユとフォカマイユの例、逆じゃない?」と思うほどです。
しかし、色相はきちんと「カマイユ」は同一色相で、「フォカマイユ」は類似色相で作られています。

つまり、それほど、この2つの配色技法は似ているということです。
ここでも色相をきちんと見分けられかどうかが重要になってくるのです。



HP:http://www.ne.jp/asahi/nrk/color-circle/
All About:http://profile.ne.jp/pf/noriko-color/

このコラムに類似したコラム

色彩検定2級 じゃ、テーマを絞って学ぼうか-4- 安田 紀子 - カラーコーディネーター(2012/04/22 22:37)

色彩検定3級 じゃ、テーマを絞って学ぼうか-12- 安田 紀子 - カラーコーディネーター(2012/04/14 17:21)

色彩検定3級 じゃ、テーマを絞って学ぼうか-9- 安田 紀子 - カラーコーディネーター(2012/04/09 23:39)

色彩検定2級 じゃ、テーマを絞って学ぼうか-12- 安田 紀子 - カラーコーディネーター(2012/05/27 21:41)

色彩検定2級 じゃ、テーマを絞って学ぼうか-11- 安田 紀子 - カラーコーディネーター(2012/05/23 20:09)