リリースと取材を事前に分けて考える - 広報・PR・IR全般 - 専門家プロファイル

中村 英俊
株式会社第一広報パートナーズ 代表取締役 広報コンサルタント
東京都
広報コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:広報・PR・IR

豊田 健一
豊田 健一
(広報コンサルタント)
採用広報プランナー 白井 千絵
採用広報プランナー 白井 千絵
(採用コンサルタント)
豊田 健一
(広報コンサルタント)
中村 英俊
(広報コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

リリースと取材を事前に分けて考える

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 広報・PR・IR
  3. 広報・PR・IR全般

プレスリリースを書く際、どの様な事に配慮していますか?


当然少しでも取り上げられるように、リリースの精度向上に努めることは当然でしょう。しかしリリース自体と睨めっこして精査するよりも前に行っておくことがあります。それは内容の仕分けです。


リリースは起こった事実や決定した事実などを淡々と書くものであり、ラブレターの様に思いの丈を書くものではありません。つまり書く内容も全体の文章量も限られている訳です。


その為、事前にリリースには何を書くか、リリースに書けないことはどの様に伝えるかなどを検討しておく必要があります。


リリースを配布した際に媒体に応じて必要な情報を個別に伝達する、或いはリリース配布を行いストレート記事が出た後に個別取材をプロモートしそこで話をするなど、広報素材により、またそのニュース性によりパターンはマチマチです。


重要なのは、単にリリースを出して終わりではなく、リリースを書く際にメディアプロモートの一連の流れを検討した上で、”リリースには何を書くか”を吟味し、リリースを書く必要があります。


リリースを配布したら終わりというイメージを持たれている方もおられる様ですが、リリース配布は広報活動の始まり、もしくは中間地点であり、その後の動きも十分に事前にイメージしておくことが重要です。

クリックをお願いします!
















 |  コラム一覧 | 

このコラムに類似したコラム

記者の関心事を把握してますか? 中村 英俊 - 広報コンサルタント(2013/11/13 11:18)

広報力向上ブログの読み方 中村 英俊 - 広報コンサルタント(2013/04/15 07:24)

取材依頼は迅速に対応を! 中村 英俊 - 広報コンサルタント(2013/03/27 09:43)

3月は振り返りの季節 中村 英俊 - 広報コンサルタント(2013/03/15 07:52)

広報担当者は表に出るべき? 中村 英俊 - 広報コンサルタント(2013/03/01 09:35)