見極めは大切~モラルハラスメント - 夫婦問題全般 - 専門家プロファイル

佐藤 千恵
行政書士東京よつ葉法務オフィス 
東京都
離婚アドバイザー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:夫婦問題

高草木 陽光
高草木 陽光
(夫婦問題カウンセラー)
小林 美智子
(夫婦問題カウンセラー)
小林 美智子
(夫婦問題カウンセラー)

閲覧数順 2016年12月05日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

見極めは大切~モラルハラスメント

- good

モラルハラスメント ブログから

*   *   *   *   *   *
モラルハラスメント被害 
女性の離婚専門板橋区の女性行政書士 
東京よつ葉法務オフィス
モラハラ行政書士のちえぼぅです

第5回モラルハラスメント語りと癒しワーク
開催します

とき:2012年3月3日(土)10:00-12:30
ところ:西新宿KIHビル(西新宿7丁目)
料金:お一人さま3,000円
*お飲み物、お菓子用意します
*途中退席自由
*女性限定*
詳しくは こちらの記事  をご覧下さい 
*満席になりました*
*   *   *   *   *   *





私の事務所は

モラルハラスメント被害を専門に扱って

います。




長期間、苦しい苦しいモラハラ被害に遭い続け、

やっと「モラハラ」を知ってご相談にいらっしゃる方や、



「これってもしかしてモラハラ?」

と、半信半疑で確かめにいらっしゃる方も

います。




中には予約電話の段階で


「夫からこんな事をされて、

あんな事もされて、

こうも言われました。


これってモラハラですよね?」


と仰る方もいらっしゃいます。




ですが、実は私は


「あなたの夫はモラハラです!」


と言い切る事は、そう多くないかも知れません。

半々位でしょうか。。


(夫の両親や生育暦についても情報があると、より

モラハラかどうかの判断が付きやすい事はあります)




理由は、主に3つ。


1)初回、ただ1度の相談者さまとの面談では

「モラハラ」と言い切れないケースも多い


2)夫側もカウンセリングしてみないとハッキリ

した事はわからないな、というケースもある


3)別の要因がある場合も多い




特に3番目に当てはまるケースは

見極めが必要です。




夫側に


・職場で責任が重くなるような人事異動があった


・ストレス度の高い部署に移動になった


・夫自身の体調不良や更年期


・両親に病気や介護など、問題が発生した


・浮気相手とうまく行ってない(←コラ!!)


等、別の問題を抱えているケースでは、


「夫がモラハラ」


と言うよりは、仕事や強度のストレスなどに

よって、一時的に


「モラハラ的な状態」


になっているケースも往々にしてあるからです。




私は、何でもかんでも

「モラハラだ!」

とレッテルを貼り、モラハラ被害者をいたずらに

増やしたいわけではありません。


(当然「それは完全にモラハラ!」

「それは毒親!」と言い切るケースもありますが;)




私がしたい事は、


「真にモラハラ被害者であるならば、

その方が被害から脱出し、自分らしさを取り戻す為に

必要な支援、援助。」


そして、


「たとえモラハラ被害は存在しない方でも、

今現在夫婦関係や家族関係に苦しさや辛さを

抱えている方には、

その辛さや苦しさを取り除いたり、向き合う為に

必要な支援、援助。」


です。





モラルハラスメントという暴力は、真に加害者の

人格等から発生するものだと思っています。



そして、人間は弱いから、強度のストレスや

あまりにインパクトの大きな出来事があると、それに

対応できずに一時的にモラハラ的行動を

してしまう時もあります。



前者の場合は、被害者は自分と子ども達を

守る術を考えなくてはなりません。



後者であれば、むしろ家族として支えるか、

支えるにはあまりに荷が重い場合には次の手を

考えなくてはなりません。




これらの問題は、自分ひとりで抱えたり

考えたり、対処したりするには過酷過ぎると

思います。




相談やカウンセリングの結果、モラハラであっても

そうでなかったとしても、


あなたが今夫婦関係に違和感を感じているのなら、

その感覚は大切にして頂きたいです。



一人で抱え込まずに、ぜひお話しにいらして下さい。







*   *   *   *   *   *
東京よつ葉法務オフィスでは、女性の離婚、
子連れ離婚、離婚協議書や内容証明の作成に
ついてご相談を受付けています。

初回相談は30分無料ですのでどうぞご利用下さい
東京よつ葉法務オフィス
離婚支援センター

電話:03-3579-8577
メール:info@yotsuba-houmu.com
メールフォームはこちら
*   *   *   *   *

このコラムに類似したコラム

「本当に大切なものは、目には見えないってことさ」~モラルハ… 佐藤 千恵 - 離婚アドバイザー(2012/11/30 12:06)

子どもの夢、目標~モラルハラスメント 佐藤 千恵 - 離婚アドバイザー(2012/11/10 10:06)

ママが大好きだからこその不適応~モラルハラスメント 佐藤 千恵 - 離婚アドバイザー(2012/11/09 09:06)

必要なもの、そうじゃないもの~モラルハラスメント 佐藤 千恵 - 離婚アドバイザー(2012/10/05 09:06)

子どもの自己感覚~モラルハラスメント 佐藤 千恵 - 離婚アドバイザー(2012/10/02 09:06)