痛み - 事業・企業再生全般 - 専門家プロファイル

佐藤 正人
株式会社 リンクス 代表取締役
栃木県
企業再生コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:事業再生と承継・M&A

村田 英幸
村田 英幸
(弁護士)
渕本 吉貴
渕本 吉貴
(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)
村田 英幸
村田 英幸
(弁護士)

閲覧数順 2017年10月21日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

民主党の差し出す甘いクッキー「福祉の充実」。

でも本当にこれで良いのだろうか?


当然のこととして「福祉の充実」には金がかかる。

消費税増税の言い訳、まるで錦の御旗のような言葉。

でも本当にこれで良いのだろうか?


福祉が充実すれば「老後」や「弱者」は救われる。

しかし、世の中の人口割合が老人と弱者ばかりになったら、

誰が彼らの福祉を担うのだろうか。

笑い事ではない。

これからの人口分布や、若年労働者の雇用機会の不足を見ていると、

働いている人より、福祉を受け取る側の人が裕福であるという珍妙なことが起きかねない。

必要以上に福祉に厚みを持たせると、

こんな現象があちこちで見られるようになる。

25歳になっても就職先が見つからず、70歳の祖父母に養ってもらっている。

そんなことまで起きかねない。

それでは誰も働かなくなり、最後のツケは「国家破綻」となってしまう。


福祉の仕組みを変えるのは「痛み」であろう。

年金受給額を「減らします!!」

選挙公約で掲げても果たして当選するのかどうか。

しかし、国民もバカではない。

年金を減らし、その分「未来への投資」、

つまり若い人へ配分を増やすことがどれだけ大切かそろそろ解るはずだ。

闇雲に現役世代からの吸い上げ、福祉へ配分する仕組みは限界にきている。

仕組みの変革は、国家の在り方、人生の予定、家族の生活、すべてのものに及ぶかもしれない。

しかし、もうそろそろ始めないと、手遅れになってしまう。

このコラムに類似したコラム

会社分割に伴う労働契約の承継等に関する法律 村田 英幸 - 弁護士(2012/12/17 14:01)

M&A(合併・事業譲渡・会社分割)と労働契約関係 村田 英幸 - 弁護士(2012/09/30 10:23)

ほっておけない税金滞納−その顛末は? 森 滋昭 - 公認会計士・税理士(2009/10/07 13:34)

突然の滞納通知が!? 森 滋昭 - 公認会計士・税理士(2009/10/05 15:36)