ボトルネックの稼働率をさげてはいけません。 - 経営コンサルティング全般 - 専門家プロファイル

ドクトル・ホリコン 堀内智彦
株式会社グリップス 企業ドクター
東京都
経営コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:経営コンサルティング

丹多 弘一
丹多 弘一
(経営コンサルタント)
西野 泰広
(経営コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月08日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ボトルネックの稼働率をさげてはいけません。

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 経営コンサルティング
  3. 経営コンサルティング全般
経営改善 原価・利益管理

会社の病気を治すホリコンです。

ボトルネックは忙しいのが当然ですが、万一ここの稼働率が下がると全体のスループット(売上、付加価値)が下がります。ボトルネックが暇になっては大変です。病院ならば、ドクターが診察する工程がボトルネックならば、患者さん(在庫、仕掛り品)を並ばせないとアイドリングが発生して売上が上がりません。非ボトルネックでは多少稼働率が落ちてもスループットには影響しませんから。

このコラムに類似したコラム

プル型戦略とジャストインタイム方式 ドクトル・ホリコン 堀内智彦 - 経営コンサルタント(2012/01/09 09:45)

IT企業の再編・統合 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2016/11/02 08:47)

モバイル活用支援フォーラム2015 Springのご紹介 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2015/03/18 10:46)

時間はコストなり 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2015/01/06 11:07)

企業や人材の存在価値を問う 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2014/10/16 07:08)