日常語の哲学によるコンプライアンスコンサルティング意識改革編 - コンプライアンス研修 - 専門家プロファイル

パンセ・ソバージュ・アンド・カンパニー 代表
東京都
コンサルタント・研修講師・講演講師

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:顧客満足・コンプライアンス研修

藍色 シアン
藍色 シアン
(メンタルヘルスコンサルタント)
藍色 シアン
(メンタルヘルスコンサルタント)
中沢 努
(コンサルタント・研修講師・講演講師)

閲覧数順 2019年07月19日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

日常語の哲学によるコンプライアンスコンサルティング意識改革編

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 顧客満足・コンプライアンス研修
  3. コンプライアンス研修
日常を哲学する


コンプライアンス部の仕事は「違反事例を集めること」ではありません。
「仕組みを導入する」ことでもありません。

その前にやるべきことがあります。

◆コンプライアンスの仕事の本質とは何か?◆
コンプライアンスの仕事の本質は「欲望や権力との戦い」です。
  ・・・あなたは上司と本気で勝負できますか?
  ・・・上司は社長と本気で勝負できますか?

◆コンプライアンスの問題の本質とは何か?◆
コンプライアンスは規則や仕組みの問題でなく、人間の問題です。
  ・・・あなたは人に苦言を呈するに値する日常を送っていますか?
  ・・・上司は人に苦言を呈するに値する言動を身をもって示していますか?

(中略)

5つのうち1つでも出来ていないものがあったら ・・・今すぐ変わらねばなりません。


全文はこちら→ クリック

(無断転載や無断複製禁止)
 中沢努  「人間としてのコンプライアンス原論」の内容をコラム用に書き換え

※ これは、弊社が行っている教育やコンサルティング で実際に使用しているものです。
(クリックで別サイトが開きます)


コンプライアンスコンサルティング/コンプライアンス研修/コンプライアンス講演、他
パンセ・ソバージュ・アンド・カンパニー( http://www.pensee.co.jp/ 、http://pensee-cmp.com/

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / コンサルタント・研修講師・講演講師)
パンセ・ソバージュ・アンド・カンパニー 代表

「お客様を深く考えさせる」・・知識でなく「体験」を提供します

これまでの20年で見えてきたのは、「小さいこと」を変えないままで「大きいこと」を変えようとする企業の姿。私が教えるのは「なぜ、そうなるのか」ということです。当たり前のことができていないことを気づかせ、どうしたら良いかを考えさせます。

カテゴリ 「日常を哲学する」のコラム

コンプライアンス研修の例(2019/07/03 11:07)

このコラムに類似したコラム

新しいコンプライアンス教育の常識(1) 中沢 努 - コンサルタント・研修講師・講演講師(2019/07/12 13:41)

職場を前向きにするコンプライアンス研修 中沢 努 - コンサルタント・研修講師・講演講師(2019/07/11 10:05)

規則を教えるコンプライアンス研修は逆効果をもたらす 中沢 努 - コンサルタント・研修講師・講演講師(2019/07/09 11:05)

コンプライアンス研修の例 中沢 努 - コンサルタント・研修講師・講演講師(2019/07/03 11:03)

コンプライアンスを定着させるポイント 中沢 努 - コンサルタント・研修講師・講演講師(2019/07/02 10:47)