運動のしすぎはよくない!? - 体質・アレルギー改善 - 専門家プロファイル

しあわせ家族の安心カイロプラクティック KCSセンター 院長
神奈川県
WHO基準カイロプラクター 健康科学博士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:体の不調・各部の痛み

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

運動のしすぎはよくない!?

- good

  1. 心と体・医療健康
  2. 体の不調・各部の痛み
  3. 体質・アレルギー改善
健康せぼね知識

むやみに運動することは、身体を逆に痛めてしまうこともある。


その心は:

例えば、負荷の軽いと言われるウオーキングにしても、2時間も歩いたからといって、腰痛がなくなるわけではない。
歩き方によっては逆に悪化することもありえる。

例えば腹筋運動を200回毎日やったとしてもそれだけでは腰痛は防げない。

骨格の調整、栄養、ストレッチなど、総合的なケアが必要。
よく言われるのは「ひとつの事をがんばっても望みは達成されない」ということだ。

適切なアジャストを受け、身体にあったエクササイズもし、姿勢も気をつけ生活し、良質な休養や睡眠もしっかりとり、栄養状態も満たし、、、本当に身体に良いことを「すべてやりつくす」のが一番だ。

あなたには大変そうに聞こえるかもしれないが、習慣になってしまえば驚くほど簡単にできてしまうので安心して欲しい。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(神奈川県 / WHO基準カイロプラクター 健康科学博士)
しあわせ家族の安心カイロプラクティック KCSセンター 院長

「腰痛」「肩こり」「姿勢矯正」背骨のゆがみはおまかせ下さい!

約5万人17年間の臨床実績から、腰や肩だけでなく「姿勢」全体を改善することで再発しない身体づくりを重視しています。姿勢矯正エクササイズも好評。企業の健康管理や福利厚生、モデルや芸能人の美姿勢もサポート。小中学校での姿勢教育にも協力しています。

カテゴリ 「健康せぼね知識」のコラム

本当に正しい通院頻度(2017/01/06 21:01)

このコラムに類似したコラム

膝を高く上げてウオーキングするのは間違い 井元 雄一 - WHO基準カイロプラクター 健康科学博士(2012/01/29 08:00)

運動や筋トレについて 井元 雄一 - WHO基準カイロプラクター 健康科学博士(2012/02/19 08:00)

岩崎アンチエイジングメソッド西新宿出張所 7周年事業報告 岩崎 治之 - 柔道整復師(2018/09/12 10:23)

専門家向け 腰痛治療セミナー(3/21) 川井 太郎 - 整体師/あん摩マッサージ指圧師(2018/02/20 19:44)

ランドセルで腰痛?・・世界の質の高い研究はこうなってます。 山中 英司 - カイロプラクター(2018/01/30 17:28)