暮らしにあった最適な収納スペースをつくる - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

常木 清行
有限会社常木工務店 代表取締役
静岡県
工務店

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅設計・構造

山崎 壮一
山崎 壮一
(建築家)
奥山 裕生
(建築家)
増井 真也
(建築家)

閲覧数順 2017年11月24日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

暮らしにあった最適な収納スペースをつくる

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
施工事例

こんにちは。常木です。

藤枝で建築中の家では、廊下にある収納スペースは、荷物の量にあわせてかなり大きく設計させていただきました。

横幅2m20cm、高さが2m20cm、奥行きで1m10cmあります。

注文住宅ですから、既製のサイズにとらわれることなく、それぞれの方の都合で収納サイズを決めていただけます。

もちろん、おもちのタンスの幅を測って、それにあわせたタンス専用の部屋をつくることもできます。

寝ているときに地震がおこったときのための安全性の確保としても有効だと思います。

写真は階段がつく前のスペースになります。

階段の下を収納にすることはよくある方法です。

この家の場合は、中からでなく、外から使う収納空間になります。

家の裏側が家庭菜園になっていますので、家庭菜園から出し入れできる物置になります。

農機具をここに収納できるようにしています。

汚れるものを玄関にださなくてもいいのは便利です。

こういったライフスタイルにあわせた設計が大事だと考えています。

このコラムに類似したコラム

多機能家具の造作 松永 隆文 - 建築家(2012/10/07 18:13)

9月1日は防災の日です。 福味 健治 - 建築家(2012/08/29 08:31)

太平洋プレートの沈み込み加速 福味 健治 - 建築家(2012/05/25 09:15)

バラエティー番組で取り上げる地震対策の功罪 福味 健治 - 建築家(2012/05/16 00:34)

地震と建物の重さの関係 福味 健治 - 建築家(2012/04/03 07:36)