【シェルハウス】雑誌に掲載されました - 住宅設計・構造全般 - 専門家プロファイル

西島正樹/プライム一級建築士事務所 建築家
東京都
建築家
03-3354-8204
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅設計・構造

安藤 美樹
安藤 美樹
(建築家)
野瀬 有紀子
野瀬 有紀子
(一級建築士 インテリアコーディネーター)
松永 隆文
(建築家)
伊藤 裕啓
(一級建築士)

閲覧数順 2022年08月08日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

【シェルハウス】雑誌に掲載されました

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造全般
作品掲載

最も詳しい屋根・小屋組の図鑑」(発行:エクスナレッジ 7/19発行) に
掲載されました。(P29)


木造でつくったひねりのある曲面屋根が注目されました。
ご覧頂ければ幸いです。



■ 設計主旨
幼稚園園長の家です。
建主の願いは「子どもや地域の『集いの場』でありたい」とのこと。
その思いを受け、広い居間を柔らかく包み込む構造として、
うねるような3次元曲面を描くHPシェルと呼ばれる特殊な構造の屋根にしました。
大きな断面の梁材を使わずに、小さい部材によって軽やかに架構できる構造で、めざす空間にふさわしいと考えました。
構造は木造としました。計算上は、6m×7.5mの空間を、合板2枚の厚み(24mm)で覆うことができます。
合板同士をねじれた形で固定しつなぎ合わせるためには、継ぎ目をしっかりとめる必要があるので格子状に「繋ぎ材」を入れることにしました。
この「繋ぎ材」上面をHPシェル曲面に合わせるため、
設計時は繋ぎ材」自体をねじる計画でしたが、現場では、棟梁の提案で、1本1本上面を削る事にしました。
施工上は手間がかかりましたが、大きな空間を軽やかに架構するには、他にはない魅力的な構造形式ではないかと考えています。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 建築家)
西島正樹/プライム一級建築士事務所 建築家

一人ひとりの生き方と呼応し、内面を健やかに育む住宅を

家づくりを大切に考えることは、生き方を大切に考えることにつながるのではないでしょうか。一人ひとりの生き方、考え方に呼応してこそ、住む人の心を育む建築空間が生まれます。この世にひとつだけの家づくり。ぜひ、ご一緒できればと願っています。

03-3354-8204
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「作品掲載」のコラム

このコラムに類似したコラム

6月16日に上棟しました 八納 啓造 - 建築家(2010/08/31 18:49)

今月の専門誌(建築士会) 齋藤 進一 - 建築家(2021/10/20 00:00)

【シェルハウス】雑誌に掲載されました 西島 正樹 - 建築家(2017/04/20 18:24)

おカネをかけずにイイものにする。それがデザイン 岩間 隆司 - 建築家(2017/03/24 10:43)

基礎工事の設計監理 岩間 隆司 - 建築家(2017/02/17 11:10)