Pandemic 後のカナダ高校教育激変ー高校留学予定の方必読 - 海外留学・ホームステイ - 専門家プロファイル

Super World Club 代表
カナダ留学・クリティカルシンキング専門家

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:海外留学・外国文化

大澤 眞知子
大澤 眞知子
(カナダ留学・クリティカルシンキング専門家)
大澤 眞知子
大澤 眞知子
(カナダ留学・クリティカルシンキング専門家)
今林 浩一郎
今林 浩一郎
(行政書士)
大澤 眞知子
(カナダ留学・クリティカルシンキング専門家)
大澤 眞知子
(カナダ留学・クリティカルシンキング専門家)

閲覧数順 2021年11月26日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

Pandemic 後のカナダ高校教育激変ー高校留学予定の方必読

- good

  1. 人生・ライフスタイル
  2. 海外留学・外国文化
  3. 海外留学・ホームステイ
留学 大学・高校正規留学

ここ私の住むBC州は、高校が春休みに入りました。

と言っても、パンデミック真っ最中。

何の自由もなく、人との交流もなく、出かけるところもなく、ホスト宅にこもる春休みに落ち込んでいる高校留学生が多いことと思います。

もちろん、春休み日本に帰ってのんびりするなど夢のまた夢。

まるで囚人です。

 

ま、こんな時代に未成年が親元を離れて外国にいる事自体、仰天ですけどね。

ちょうど昨年のこの時期、多くの親子からのSOSに対応しました。

「とにかく、すぐに帰国させるように」必死で勧めましたが、危機感が薄いというのか、現実逃避なのか動きが鈍かったのを覚えています。

 

もうこれはたまらん!と一斉に帰国が始まったのが3月終わりから4月最初にかけ、疲れ切った高校生の帰国ラッシュとなりました。

そんな舌の根も乾かないうちに、あるエージェントのサイトにはこんな勧誘が並んでいます。

「現在カナダでは中学、高校留学、語学、専門学校は対面式又は、対面とオンライン、州立大学はオンラインでの受講が可能です。」

 

自分たちの金づるを逃さないようにとの思惑の透けるずるい勧誘です。

そんなに簡単でしょうか?

いえいえ、カナダの教育は、もし9月新学期にパンデミックから抜け出していたとしても大きく大きく変わります。

CBC報道

 

以前からもそうですが、ますます「高校留学」には全く価値が見いだせない時代に入りそうです。

 

1.オンライン教育継続は必須

 

オンタリオ州は他の州に先駆けて、高校卒業必修単位にオンラインでの受講を含める計画です。

高校卒業に必要な単位のうち最低2単位はオンラインで受講すること。

ただし、現在は親と生徒が望まないならばその2単位も対面授業での履修も認める方向だそうです。

 

他の州も今後様々な方針を打ち出して来ると思われますが、オンライン教育はマイナスどころか、プラスの影響も大きいとの結果を踏まえた方向です。

 

2.オンライン教育のプラス

 

特に、学習意欲が高く、知的能力も高く、自分のスケジュール・時間をコントロール出来る能力のある生徒たちは、今回のオンライン授業で大きく能力を伸ばしました。

また、オンラインの自由度を効果的に活用し、時間を自由に使い、将来への道筋を固めた高校生も多いそうです。

 

例:トロント学区Grade11のAlmira Kagzi(16歳)は、オンライン教育は大きな成功だったと思っています。

30分以上もかかっていた通学時間がなくなり、やりたくもない課外活動参加もなくなり、自分の自由な時間が増えました。

4学期制に移行した授業では、2ヶ月少々の間に2科目のみに集中出来、以前の1学期4科目よりははるかに自分に有利であったと思っています。

自由時間が増えた分、育ち盛りの脳には絶対必用な睡眠時間も7時間確保出来、朝ごはんも栄養価の高いものをゆっくり食べ、本を読む時間もずいぶん増えたそうです。

 

Virtual Schoolの自由度を完全に自分のために利用出来た実例です。

仮に学校を休んだり、遅れて行ったりしなくてはいけない場合でも、授業の内容はすべてオンライン上にありますので、自分でキャッチアップが可能です。 以前のように、友達に聞いたり、後で教師に特別な情報を頼む必要もないわけですから。

遅れた分を取り戻すのも簡単、また、先取り勉強も可能です。

 

今後のカナダの高校教育は、このような高い自己管理能力を持った、頭の良い生徒を基本として進化していくと思われます。

 

3.オンライン教育のマイナス

 

上の事例とは真逆。

学習意欲はそう高くなく、知的能力も普通かそれ以下、自分のスケジュール管理・時間コントロール能力に欠ける生徒たちは、大きなマイナスを被りました。

対面授業で、クラスメートとワイワイ騒ぐのが目的だった学校がなくなり、勉強以外に楽しみを見出そうとした課外活動もなくなり、仲間との時間がなくなりました。

 

オンライン授業では、慣れていない教師からのケアは十分でなく、宿題の内容も直接質問ではなくメールで、友達に教えてもらうことも叶わず。
オンライン授業中でも’disappeared’ と象徴される参加はしていても全く反応しない生徒たちがこの事例です。

 

カナダの高校教育レベルで成功するかしないかの分かれ目が明確になったのがパンデミック禍のオンライン教育でした。

オンラインでついていけない生徒は、通常教育でもやはりこぼれていきます。

そのような生徒たちが、真っ先に脱落しているのがパンデミック禍でのカナダ高校教育です。

 

4.オンライン教育への希望

 

もし、あなたがスクールバスで2時間もかかる所に住んでいるとしたら?

自分の高校で提供されていない科目を勉強したいとしたら?

不安神経症を抱え、Virtual 教育を望んでいるとしたら?

いじめが問題で学校には行けないとしたら?

 

今後のオンライン教育の広がりは、多様な高校生の要望を叶える機会となるはず。

 

2番で紹介したAlmiraの言葉です。

"Switching onto an online platform, you have to change the way everything is done. You have different assignments, submitted in different ways. You have class in different ways." 

「オンライン教育になったら今までのやり方は何も通用しない。すべて新しいやり方に変わる。宿題もその提出方法も異なる。全く異なる方法での授業に適合すること。」

__________________________

 

さぁ、あなたはカナダ留学ができそうですか?

Almiraの言うことがわかりますか?

Almiraのように、卓越した自分の能力をもとに、新しい時代の教育の中に入ってこれますか?

Good!

じゃぁ、カナダにいらっしゃい! 応援します。

 

それとも、パンデミック禍のオンライン教育で大きなマイナスを被った生徒と同等レベルとして留学しますか?

独立し、自分のスケジュールを作り、自分で進んで行けない生徒と同じ教室に来ますか?

あなたの留学の目的は、パンデミックで潰れかけているカナダの高校生の仲間入りをするため?

それでも来たい?

OK, just listen to me. You don’t have to believe me, just listen to me.

Don’t come.

________________________________________________________

 

正しい方法と、指導者の質によりオンライン教育は生徒の潜在能力を限りなく開花させます。

カナダと日本をむすびSupport Groupとしても機能しているカナダクラブ特別オンライン授業を通じて、多くの日本の優秀な頭脳を開花させて来ました。

 

上述2番のAlmiraの事例と同じ

特に、学習意欲が高く、知的能力も高く、自分のスケジュール・時間をコントロール出来る能力のある生徒たちは、カナダから発信する質の高いオンライン授業で大きく能力を伸ばしています。

そして、進化を続け、将来への道筋を固めた生徒が今日も元気なメッセージを送って来ています。

“Hi Machiko. I’m done!”と。

 

日本にもこんなにたくさん、こんなにも素晴らしい生徒がいたんだと目頭が熱くなる思いです。

もちろん、カナダ大学留学には満点をつけてもおかしくないほどの準備が進んでいます。

パンデミックがプレゼントしてくれた「オンライン教育大成功」の顕著な実例だと自信を持っています。

 

先日のコラム「目的を持って旅に出よう」にも書きました。

私と相棒のRobertの目的は。

 

パンデミックで破壊された今を取り戻し、未来への旅を始めるため。

カナダというとてつもない潜在能力を持った大きな大きなカナダで、日本の生徒たちが何を学べるかを見つけるため。

 

新しい生き方の始まりです。

 

カナダにいらっしゃい!

______________________

わかりやすいクリティカルシンキング講座

Canada Club(New Normal 大学・高校留学)

「カナダ高校留学実態総集編」eBook ダウンロード

「クリティカルシンキングがわかる」eBookダウンロード

日本人のためのエッセイ・クリティカルシンキング学習サイト UX English 

Podcast [カナダにいらっしゃい!] 

 

 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(カナダ留学・クリティカルシンキング専門家)
Super World Club 代表

カナダにいらっしゃい!

カナダ 在住。パンデミック後のNew Normal 留学をサポート。変わってしまった留学への強力な準備として UX English主催。[Essay Basics] [Critical Thinking] など。カナダから日本に向けての本格的オンライン留学準備レッスン・カナダクラブ運営。

カテゴリ 「留学」のコラム

カテゴリ このコラムに関連するサービス

電話相談 New Normal 留学相談:カナダ大学・高校留学

パンデミック後の留学カウンセリング

料金
10,000円

コロナパンデミックにより原型を留めないほど変化したNew Normal下での留学への準備サポートを行います。 特に必須の「エッセイ」「クリティカルシンキング」の万全な準備としてカナダと日本を結ぶオンラインコース「カナダクラブ」へのご案内。 30年以上のキャリアを基に日本の優秀な頭脳をカナダで成功に導きます。 

New Normal 留学相談:カナダ大学・高校留学

このコラムに類似したコラム

なぜ留学は大学からがベストか - 高校留学の巨大なマイナス 大澤 眞知子 - カナダ留学・クリティカルシンキング専門家(2021/06/27 04:51)

「高校留学したら英語が出来るようになりますか?」NO, NO, NO. 大澤 眞知子 - カナダ留学・クリティカルシンキング専門家(2021/06/25 05:42)

カナダの大学、秋から対面授業再開 大澤 眞知子 - カナダ留学・クリティカルシンキング専門家(2021/03/20 08:35)

パンデミック禍のカナダ大学留学中・日本人学生へのインタビュー 大澤 眞知子 - カナダ留学・クリティカルシンキング専門家(2021/02/17 11:50)

カナダで1年高校留学をした人でも可能な大学留学の奨学金を教えて下さい 大澤 眞知子 - カナダ留学・クリティカルシンキング専門家(2020/11/13 06:49)