Japanese Girls! 制服のスカートを拒否しよう - 海外・外国人全般 - 専門家プロファイル

Super World Club 代表
カナダ留学・クリティカルシンキング専門家

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:海外留学・外国文化

大澤 眞知子
大澤 眞知子
(カナダ留学・クリティカルシンキング専門家)
大澤 眞知子
(カナダ留学・クリティカルシンキング専門家)
大澤 眞知子
(カナダ留学・クリティカルシンキング専門家)

閲覧数順 2019年05月26日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

Japanese Girls! 制服のスカートを拒否しよう

- good

  1. 人生・ライフスタイル
  2. 海外留学・外国文化
  3. 海外・外国人全般
外国から見た日本

Washington Post の記事 “Girls were forced to wear skirts at school to ‘preserve chivalry.’ So they sued – and won.”

(「騎士道を守る」ために女生徒は学校でスカートを強要された。 だから女生徒は訴え、勝った。)

 

“Yay”と両手を挙げて応援したいようなニュースがアメリカから伝わって来ました。

 

日本で教えていた生徒たちによく質問したものです。

真冬の寒い日に、制服のスカートをはき、足が紫色になり震えながらやって来る女の子たちに。

 

「なぜ、女の子の制服はスカート? パンツではいけないの?」

みんな「はっ」としたような顔になり、「そうですよね〜。おかしいです。」と。

 

なぜ日本の学校の女子用の制服はスカートなのでしょう。

 

まさか「騎士道」ではないでしょうが、似たようなもので、「女らしい」とか「伝統?を守る」とか論理的に意味不明な言い訳しかないのでは?

制服自体の賛否はさておいて、スカートかパンツかの選択肢くらい認めるべきだと思いますけどね。

 

アメリカで学校を訴えた女生徒の言い分は、

「竜巻の訓練時に地面を這い回ったりしなくてはいけない。 その時に男生徒の目はスカートの中に釘付け。 ショーツかパンツを着用していたらそんなことには巻き込まれない。」

「教室でも足の組み方に注意しなくてはいけないので、学ぶための集中力が阻害される。 休憩時間にも活動的な遊びをすると下着が見えてしまい、教師から説教されたり、男子生徒にからかわれる。」

「女生徒にもパンツ着用を認めるべき。 性別により制服の規則を変えるのは憲法違反。」

 

と、女生徒たちは行動しました。

まずは、署名を集め、次に学校を訴え、勝利しました。

裁判所の決定「校則で性差別するのは憲法違反である」と。

来学期から女生徒は、スカートかパンツか選べるようになります。

 

大拍手。

「なぜ?」のクリティカルシンキングを実行に移した女生徒たち。

 

日本も、最高裁まで巻き込む勢いで「女生徒のスカート着用校則は憲法違反。 基本的人権の侵害。」と行動を起こしてほしいですね。

 

変態おっさん達がスカートの中を覗いて写真を撮るというターゲットになる原因はスカート。

制服がパンツになったら変態おっさんは今度はどうするかな?

間違いなくスカートの中覗きは出来なくなります。

 

冬の寒い時に足が紫色になるくらい冷えるのは、おそらく将来の生殖活動にも悪い影響があるはず。

少子化で悲惨な状況の日本なのに、なぜわざわざ非健康的なスカートを強要するのか全く意味不明。

 

「女の子=スカート」という古臭い思い込みが消えれば、日本の性差別も少しは見直されるかも。

普段の生活でスカートなんかはかない!という人も多いはず。

制服でも選択の自由も認めるべき。

 

物差しを持ってスカートの丈を測る教師の存在も学校からなくなる。

短くするのを禁止するなら、スカート自体を止めればいいのに。

 

理由は尽きません。

 

夫婦別姓さえ認めない、世界でも稀な国・日本ですから、アメリカのような決定はなかなか勝ち取れないかも知れません。

でも、何も行動をおこさなかったら、何も変わりませんよ、Japanese Girls!

 

日本全国の女生徒たちが、「制服のスカートは人権侵害!」と立ち上がる日が来たら日本も大きく変わるでしょうね。

カナダから日本に応援しに帰ります、絶対!

 

Japanese Girls, speak out!!

 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(カナダ留学・クリティカルシンキング専門家)
Super World Club 代表

カナダにいらっしゃい!

Edmonton, Canada 在住。カナダ高校留学の裏側を発信、迷っている日本人留学生支援を行っています。また、日本の子供向けクリティカルシンキング指導オンラインスクール開講中。

カテゴリ 「外国から見た日本」のコラム

カテゴリ このコラムに関連するサービス

メール相談 Critical Thinking を使った英語のReading

英語のストーリーやエッセイなどの抽象的な概念を論理的に理解する方法

料金
21,000円

英語のReading 能力を高める効果的な方法。 それは、Critical Thinking を使い、分析しながら読めるよう訓練することです。

アメリカやカナダの大学では、高校までの教育で完成しているはずのCritical Thinking能力が必須ですが、大学により、その能力を確かめるために、Reading with Critical Thinking という教授法を使うことがあります。

その実践されているReading with Critical Thinking を体験して下さい。

Critical Thinking を使った英語のReading

このコラムに類似したコラム

外から見る日本 - 高校留学生と日本の女性差別 大澤 眞知子 - カナダ留学・クリティカルシンキング専門家(2019/04/30 06:01)

カナダ短期留学に生徒を送り出す日本の学校の勘違い 大澤 眞知子 - カナダ留学・クリティカルシンキング専門家(2019/04/23 07:07)

日本人留学生はカナダの法律に従い、日本に来たカナダ人は日本の法律に文句を言う。 大澤 眞知子 - カナダ留学・クリティカルシンキング専門家(2018/12/28 08:08)

高校留学中の方へ- カナダはそんなに甘い国ではありませんよ 大澤 眞知子 - カナダ留学・クリティカルシンキング専門家(2018/12/08 07:12)

高校留学したけど学校が楽しくないです 大澤 眞知子 - カナダ留学・クリティカルシンキング専門家(2018/01/26 06:36)