外から見る日本 - 高校留学生と日本の女性差別 - 海外留学・ホームステイ - 専門家プロファイル

Super World Club 代表
カナダ留学・クリティカルシンキング専門家

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:海外留学・外国文化

大澤 眞知子
大澤 眞知子
(カナダ留学・クリティカルシンキング専門家)
大澤 眞知子
大澤 眞知子
(カナダ留学・クリティカルシンキング専門家)
大澤 眞知子
大澤 眞知子
(カナダ留学・クリティカルシンキング専門家)
中尾 匡宏
(ビジネス英語コーチ)

閲覧数順 2019年07月18日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

外から見る日本 - 高校留学生と日本の女性差別

- good

  1. 人生・ライフスタイル
  2. 海外留学・外国文化
  3. 海外留学・ホームステイ
留学 大学・高校正規留学

New York Timesに日本の皇位継承に関する記事が掲載されました。

“Japan will enthrone a new emperor. His wife won’t be allowed to watch.”

「皇位継承が行われる日本。 新天皇の妻は継承式を見ることが許されない。」

 

日本の女性差別はかなりの頻度で海外メディアに取り上げられて来ました。

女性の皇位継承、儀式出席への制限、また、日本に根強く残る女性への差別など、語れば切りのないことだらけです。

私自身も日本在住中、何十年もの間戦って来た差別ですが、今日取り上げたいのは異なる角度からの話題です。

 

日本の若者が海外へ海外へと出るようになって久しいです。

そんな若者たちは、外国、特に先進国から何を学んで帰っているのでしょうか。

日本が世界からどう見られているのか、真剣に感じ取り、考え、世界から来た移民や留学生と議論をして来たのでしょうか。

大きな疑問が残ります。

 

せっかく大金を使い、海外に来ても、世界が日本を見る目にふれることもなく、日本にいた時と同じ殻の中から外国を眺めているだけの若者たちを、はがゆい思いで見ています。

 

日本国内のみを向いていても、多角的視野は持てません。

客観的な見方をすることで、論理的な考えを持つことが可能となりますが、日本の若者が外国に来る目的はそこではないのかも知れません。

 

長年目撃し、多くの相談に応えて来た「カナダ高校留学」を例に取ってみます。

 

わぁ〜い!と「留学」という言葉の響きに魅せられやって来る高校生。

特に目的はないケースがほとんどです。

そして、あっと言う間に現実の厳しさに直面。

せっかく内向き日本から離れたカナダで、つるむのは同じ現実に直面した日本人留学生。

マシなケースでも、やっと話かけてくれたのは他の国から来た留学生。

お互いにたどたどしい英語で話すことに安堵感を見出すのでしょうか、今度はその殻から出ることが出来ません。

 

生徒は日本とのSNSに呆け、送り出した親も「帰国生入試が!」「成績が!」「単位が!」と、なぜカナダくんだりまで子供を送っているのかと不思議です。

自分の子供がどれだけ異常な10代を過ごす羽目になっているのか、気がつかないのでしょうか。

 

そして、カナダ側も日本の親子を同じ目で見ていることにも気がついていないようです。

日本からの高校留学生が「適当に扱っておけばいい」存在になったのも、日本の親の責任が大きいように思えます。

 

本来は、カナダで学ぶことを通じ、カナダの高校生との議論を通じ、日本を客観的に観察し自分の考えを作り出していく。

これこそが「高校留学」の目的であるはずなのですが。

 

「流行りの留学」に乗り、数えきれないほどの日本の若者が海を渡ったにしては、日本は変わる様子を見せてないようです。

変わるというより、若い考えが日本を進化させる原動力になるはずなのですが、そのかけらも見えないことが残念です。

 

New York Timesが引用している一橋大学教授のコメントです。

“I think there is a feeling among ordinary Japanese people that we have to change the system as the expectations of society change.” 

 

変化をExpect(期待する)するだけで、誰かが何かしてくれるのを待っている “Go with the flow”なのかも知れません。

カナダに来る高校生留学生の姿勢とダブルのは偶然でしょうか。

 

Too bad.

 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(カナダ留学・クリティカルシンキング専門家)
Super World Club 代表

カナダにいらっしゃい!

Vancouver, Canada 在住。カナダ高校留学の裏側を現地から報告shi、留学に足る能力をつけたい日本人生徒、留学学習支援の必要な生徒のためのサイト UX English主催。[Essay Basics] [English10 & 12 for Japanese students] [英語エッセイ魔法の秘訣] など

カテゴリ 「留学」のコラム

カナダ大学への奨学金(2019/07/13 04:07)

カテゴリ このコラムに関連するサービス

メール相談 英語エッセイーカナダからオンライン指導無料体験

エッセイの本場カナダからのオンライン講座ー無料体験版

料金
無料

多くの日本人生徒をエッセイの達人に育てたカナダの専門家Robert McMillanが、オリジナルプログラムをオンライン化。 基本をひとつづつ理解している過程を無料体験出来ます。

英語エッセイーカナダからオンライン指導無料体験

このコラムに類似したコラム

『日本人高校留学生』の現実 - これでも「留学」しますか? 大澤 眞知子 - カナダ留学・クリティカルシンキング専門家(2017/11/26 02:03)

カナダで頑張る日本女子たち 大澤 眞知子 - カナダ留学・クリティカルシンキング専門家(2016/10/17 00:29)

「高校留学先・カナダが一番人気」の裏側 大澤 眞知子 - カナダ留学・クリティカルシンキング専門家(2019/07/05 04:04)

Canada Day - カナダの国を語る数字たち 大澤 眞知子 - カナダ留学・クリティカルシンキング専門家(2019/07/02 04:37)

カナダ大学留学のプラス・マイナス 大澤 眞知子 - カナダ留学・クリティカルシンキング専門家(2019/06/22 03:55)