「ジムに通い始めてから太った」3つの原因 - ファッションとダイエット - 専門家プロファイル

ボディメイクスタジオCharmBody 代表
東京都
ボディメイクトレーナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ダイエット

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「ジムに通い始めてから太った」3つの原因

- good

  1. 美容・ファッション
  2. ダイエット
  3. ファッションとダイエット

本日はフィットネスサイトの監修へ


スポーツとダイエットの運動理論は真逆。
なので、ほとんどフィットネス系では
監修したことがありません。
(Tarzanくらいかな?)


スポーツでは競技中に疲労をためないこと
→なるべく省エネで動けるようにする
ダイエットでは無駄にカロリーを使うこと
→なるべく消費を増やすようにすること

この時点で真逆です。
ダイエットの筋トレをすれば、
スポーツのパフォーマンスは落ちるし、
スポーツの筋トレをすれば
痩せづらくなる。

だからフィットネスサイトでは
そのバランスをどう取るか?が大切。
内容はまた公開されたらご報告します!

さてということで、
今日は間違いやすい
スポーツとダイエットの運動食事の違い
ここを学んでいきましょう。


スポーツとダイエットが
ごちゃ混ぜになっていると、
ダイエットする前より
体型に悩むようになった、

と逆に悩みが増えることが多くなります。


運動始めてから太った、、
運動始めて太ももが太くなった、
運動始めて下腹が出始めた、
氾濫するダイエット方法、ジムで
こんなことが当たり前のように
起こっています。。


今日は
運動で太ってしまう3つのNG習慣のご紹介です。

30後半〜50代女性が中心
と言われるダイエットジムで
ダイエットのために時間を割いて
通っている女性。
高確率で
運動前後にフルーツを摂る
有酸素と筋トレの組み合わせ
30分を超える筋トレ
をしている姿を見かけます。

‥‥‥


本来なら2ヶ月で痩せるはずが
何年もかけても痩せない原因です。

どれもダイエット本やネットでは良い!
と言われるもの。


しかし、その対象は
アスリート
ダイエット中の男性
普段ガンガン筋トレしてる女性
が対象のものが90%以上。

なぜなら、それを書く人がアスリート。
そういう経験の持ち主が
ほとんどだからです。

その方たちには効果的でも、
パーソナルジムやスポーツクラブは
ダイエットリバウンドを繰り返している、
普段の運動不足からダイエットへ
普段から特別に運動していない
という女性が通うもの。

そこではこれらは180度逆効果に働きます。


アスリートダイエットには効果的な理由


運動前後にフルーツを摂る
→筋肉量や日々の運動により
インスリン感受性が高く、
摂った等をそのまま筋肉に取り込める

有酸素と筋トレの組み合わせ
→筋トレにより脂肪を分解。
→筋肉の性質が速筋と遅筋の
中間筋なので、
筋肉の分解が少なくなり、
タンパク質の分解が抑えられる。

30分を超える筋トレ
→筋繊維の数が多く、
使い切るのにセット、回数を要する。
結果多くのカロリー消費にも繋がる


アスリートならではの減量方法。


これをダイエットに悩む女性が行うと、
運動前後にフルーツを摂る
→フルーツの糖質で血糖値が上がる
→インスリンの分泌
→運動で分泌される脂肪分解ホルモンが
ストップされ、脂肪の合成に変わる。

有酸素と筋トレの組み合わせ。
→筋トレで脂肪を分解。
→有酸素でカロリーを使い燃焼している間、
筋肉も同様に分解され糖に変わる。
→インスリンが分泌され脂肪が合成される。
30分を超える筋トレ。

→20分前後で全て使いきってしまう筋肉を
長時間刺激すると分解される(辛い筋肉痛)
→分解され糖質に変わり血糖値上昇
→インスリン分泌で脂肪が増える。


また長時間の30分を超える運動や
歯を食いしばるほどの強度は
日常使う太ももと腰以外は
運動の量、強度に耐えられません。

つまり、筋トレ、有酸素運動共に
この2部位に頼ることとなり
太ももがパンパン、反り腰の助長
→日常で骨盤が前傾で固定され、
余計に太ももがパンパンになっていく。
→骨盤前傾で関節の動きが少なくなり
体脂肪の性質
関節の動きが少ない部位に脂肪が付く
事からも周囲の下腹に
脂肪が付きやすくなります。



結果的に
・ジムに行き始めてから太った
・太ももがジム通いまえより太くなった
・逆にお腹に脂肪が付いてきた
という
前より体型に悩むようになった、
状態を招いてしまいます。


今のことをマイナスと思いたくないのが
人の心理なので、
きっと食べる量が増えたんだなぁ、
などと無理やり納得してしまいます。。


この言い聞かせの心理というのは
そのまま日常に影響しやすく、
ここから実際に食べる量も増えます。

さらに痩せなく、辞めてしまう。
私は痩せない体質、ジムで痩せなかった、
体型が前よりも悪くなった

とダイエット難民になります。。


止めるべきは運動内容。
先ほどの3つでいうと
運動前は軽めのタンパク質or無し
脂肪分解を止めるものが無くなります。

筋トレだけの日、有酸素だけの日を作る
→長時間の筋肉の刺激を避けることで
不要に筋肉を分解をさせない対策
特定の部位だけへの負担をかけない対策

筋トレは30分以内
→筋肉は今を100として、
負荷をかけると101になります。
102や103への飛び級はありません。
なので、100に対しては101の負荷が適切。
110も120もかけることは
限界を超えているので、辛いだけです。。
太ももだけがパンパンになります。

その時間は20分程度が適切です。



良かれと思うことで痩せないことは
自己否定につながります。

真面目なあなたほど、
体型も心理的にも
かなり辛く追い込まれているはず。
やらないほうがよかった、
と思うこともあるでしょう。


しかしそれは、
痩せない原因を用いて
ダイエットをしていただけで、
あなたは1%も悪くありません。

こうして痩せなかった辛さから
その原因を知って、知識を得て
これからに役立てていくこと。


今までの辛さも、今の辛さも
これからの嬉しさの布石です。
今日の内容もあなたのお役に立てますように。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~
もしあなたが
数々のダイエットを試し続けても、
一向に理想の体型、体重にならないなら
おそらくそれはあなたのせいではありません。

新着!3~9月!新773件の感謝の手紙追加!
痩せながら!知識を学ぶ!
ダイエット資格取得講座



勇気を出して高額ジムに踏み込んだ!
痩せたけどすでに5キロ以上リバウンド。
人生の楽しみは食べること!
でも太りたくない。。
ダイエットの連続で無理がたたり
体調不良が慢性化してる。
そんなあなたのための
痩せながら知識を学べるダイエット方法


(↓クリック)
10月も多くのご応募ありがとうございました。
11月は10名→2名となっているので
受講を考え中のあなたは
今すぐお問い合わせください。(11/11現在)
ご受講の有無はご自由にお選びください。
【オフィシャルダイエット講座】




1日5件のショックな質問…
「モデルじゃなくても受けられますか?」
【当たり前です!】
「秋のモデル体型ボディメイクダイエット」

3ヶ月の体型のビフォーアフター
↓40代主婦1カ月弱で-17㎏(テレビでも続々証明!)



↓30代OLのダイエット


〇食事内容のご提案も充実


(↓クリック)
24カ月連続増加!
【会員数計573,347人】
モデル体型ボディメイクダイエット



新!コラボインナー追加(11/13更新)
リリース30日で30万着突破!
初着あと50着!

【CharmBody公式コラボ】
~あなたの為のボディケアグッズ~

ボディメイク自体の効果を上げたり、
ダイエットでは叶わない体の悩みなど
多方面から効果的なものだけをご紹介!
見るだけでも楽しく、
新たな知識も身に付きます。



(↓クリック)
リリース30日で30万着突破!
【CharmBody公式コラボ】
~あなたの為のボディケアグッズ~





お知らせ(新11/11更新)
【急募!】
12月受講(プレミアム枠)の最終調整により
特別に1名の最終枠ができました。
2018のラスト1名となりますので、
お早めにお問い合わせください。


私もボディメイク専門の
トレーナーになりたい!


祝!第20期生記念!
ボディメイク専門トレーナー
公認資格養成講座

(↓クリック)
あなたがトレーナーを目指すなら、
特別にご優待される権利があることを
ご存知でしたか?
7つの優待「ボディメイク専門トレーナー」
公認資格養成講座




人生で一番活き活きしてるときは
「自分の成長を自分で実感したとき」

○新しい知識を手に入れたとき
○うまく痩せ始めてるとき
痩せた後の実感!よりも
それを明確に目指し向かっているとき。

この時が一番自分の成長を実感できます。

・苦しんでいるときは辛い
・やってるのに痩せないのも辛い
・頑張ってるのに逆効果
これは一番辛く楽しくないこと。

このブログで一つずつ知識を学び
あなたに成長と楽しさを味わってほしい。

それが毎日配信してる最大の理由。
しっかり実践して痩せていく。

当たり前のようでなかなか得られない。。

だからこそ、それを叶えて
あなたの人生に喜びを与えられること。

体型を通じて、それを与えることが
僕にとって最大の社会貢献です。

昨日も今日も、明日も変わらず
あなたのために情報をお伝えしていきます。


 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / ボディメイクトレーナー)
ボディメイクスタジオCharmBody 代表

モデルボディメイク

2016ミスユニバースジャパン日本代表公式コーチ2016ミスユニバースジャパン日本大会BC講師。元ミスワールド日本代表ボディメイクトレーナー2016ミスインターナショナル世界大会公式パートナー