蓄電池を設置している場合の売電事情 - 太陽光発電・太陽熱温水器 - 専門家プロファイル

株式会社和上ホールディングス 代表取締役
大阪府
住宅設備コーディネーター

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅設備

近藤 壯一郎
近藤 壯一郎
(リフォームコーディネーター)
野澤 祐一
野澤 祐一
(インテリアコーディネーター)
石橋 大右
(住宅設備コーディネーター)

閲覧数順 2019年05月25日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

蓄電池を設置している場合の売電事情

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設備
  3. 太陽光発電・太陽熱温水器

住宅用太陽光発電システムでは、余剰電力を売電することができます。以前は売電価格が高く、売電によって太陽光発電システムの導入費用の償却を考えることができましたが、太陽光発電システムの普及によって売電価格は下がり、太陽光発電システムの導入費用の償却を考えることが難しくなっています。

一方で、災害時の長時間にわたる停電などの備えとして蓄電池を導入して長時間の停電に備えたり、電力料金の軽減することを考える人が多くなっているようです。

しかし、太陽光発電システムと蓄電池を利用する場合、ダブル発電とみなされてしまうことがあるため注意が必要です。

蓄電池を導入すると、電力料金の安い深夜に蓄電池を充電し、それを住宅で使用することによって、電力料金を軽減することができます。しかし太陽光発電システムと蓄電池を併用すると、住宅内の電力を蓄電池の電力で賄うことによって、太陽光発電システムの余剰電力を増やすといったことが考えられるようになります。

そのため太陽光発電システムだけでなく、蓄電池によっても余剰電力を増やしたと判定され、ダブル発電とみなされてしまう場合があるのです。ダブル発電とみなされてしまうと、売電価格が下げられてしまいます。そのため、住宅用太陽光発電システムと蓄電池の両方を利用する場合は、ダブル発電とならないよう注意が必要です。

住宅用太陽光発電システムと蓄電池の両方を利用する場合、ダブル発電とならないようにするには、蓄電池本体から放電しない設定にする方法があります。住宅用太陽光発電システムと蓄電池を同時に導入する場合は、業者にダブル発電に関して相談することができるため、その点を相談した上で導入するようにしましょう。 

住宅用太陽光発電システムと蓄電池の両方を同時に導入すると大きな費用がかかります。そのためまず住宅用太陽光発電システムを導入し、蓄電池を後付けする人も多くいます。

この場合、ユーザーと業者がダブル発電に配慮せずに工事を行ってしまう場合がありダブル発電になってしまう場合があるため注意が必要です。

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(大阪府 / 住宅設備コーディネーター)
株式会社和上ホールディングス 代表取締役

太陽光発電とオール電化を追及するプロフェッショナル

私たちはオール電化・太陽光発電のご相談、お問合せを全国から頂いており、その数は年間1000件以上にもなります。業界の動向や評判、お悩みのひとつひとつにお答えできる情報を発信し、全てのご家庭、そして地球環境に貢献したいと考えています。

このコラムに類似したコラム

蓄電池の雄、パナソニックのシステムについて 石橋 大右 - 住宅設備コーディネーター(2018/06/19 22:00)

太陽光発電に蓄電池を後付けしたいという方へ 石橋 大右 - 住宅設備コーディネーター(2018/03/31 16:25)

お金という視点で蓄電池を考えてみましょう 石橋 大右 - 住宅設備コーディネーター(2018/01/30 18:47)

太陽光発電+蓄電池のメリットまとめ 石橋 大右 - 住宅設備コーディネーター(2017/12/28 11:07)

蓄電池は高い!とお感じの方のための補助金に関する情報 石橋 大右 - 住宅設備コーディネーター(2017/12/06 15:00)