「糖質制限で1キロも痩せなかったら」試す2つのこと - ファッションとダイエット - 専門家プロファイル

ボディメイクスタジオCharmBody 代表
東京都
ボディメイクトレーナー
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「糖質制限で1キロも痩せなかったら」試す2つのこと

- good

  1. 美容・ファッション
  2. ダイエット
  3. ファッションとダイエット

こんにちは!
モデルボディメイクトレーナーの
佐久間健一です。


最も簡単に始められるダイエットに
糖質制限をあげることは多くあります。

これ一つとっても多種方法がありますが、
とりあえずやってみた!
でも、1キロも変わらない。

今日はそんなあなたへ。



ありがち!痩せない糖質制限の2つ
糖質を減らす!
糖質を摂り過ぎと言われる現代では
その量を調整することはもちろん重要。

しかしながらありがちな次の2つ
必要量以下まで減らしてしまう
代わりにおかずが増えカロリーオーバー

これらが起こると、せっかくの調整も
痩せない原因に変わり、
またもちろん基礎代謝も下がり
痩せ辛さを残してしまいます。





糖質制限で下がる基礎代謝
糖質が足りないと脂肪をエネルギーに!
摂らなくても肝臓で糖質は作られる!
足りない分を補うために行われること。


・前者は強度の低い有酸素運動のときのみ。
ゼーゼーする運動では筋肉を削り糖質へ。
また、長時間の有酸素では筋肉を削る。
・後者は筋肉を削って糖に変える。

結果として
食べるカロリーが変わらなくても
糖質の量が減ったとしても
消費分が減ることで痩せない。
が多くの糖質制限の停滞となります。





筋肉量を減らさない!消費を高く!
なら食事を変えよう!としても、
今に至った事情、変えられない理由は
ここに必ずあるもの。


それを無視しては、分かるけどできない。
と余計に悩みが増えてしまいます。

なら今のままでも出来る
筋肉を減らさないこと。
ここに重点を当て
日常の消費カロリーを増やすことが効果的です。

運動時間を短く
→筋トレでも有酸素でも、
長時間は共通して筋肉の分解が高まる。

筋肉は分解→合成の順で増え、
基礎代謝(消費カロリー)を増やします。

そして、その筋肉の合成には
たんぱく質よりも糖質が必要となり
自らの筋肉をさらに壊し糖に変え、
結果として運動して筋肉が減ることに。

これらからも糖質制限中は
運動を20分前後に留めることが必要です。

使わない部分から落ちる
→筋トレ等で使っている部位は
分解されても
食事で優先的に回復に向かいます。

逆に分解されたままになるのは
普段使わない部位。
肩甲骨を下げたり、肋骨を上げたり
骨盤を水平に保ったり。

多くの姿勢に関する筋肉は、
日常のクセにより制限されています。

それらを使う部位として
目覚めさせておくこと
が、
余計に筋肉を削らないポイントです。


体の後ろでタオルの両端を持ちます。
左右にピンと引っ張りながら、
両手を真下に伸ばし切ります。


タオルを引く力、肘を伸ばす力を
変えないよう注意し、
踵重心で太ももが地面と平行になるまで
しゃがみます。
10回目安に行いましょう。

タオルを引いた姿勢をキープ
→姿勢筋で最も働きが減る
肩甲骨下部、肋骨を上げる筋肉が働きます。

その姿勢でスクワット動作
→状態の姿勢筋が働いたまま
下半身が動くことは、
日常無意識に姿勢筋が働くことへ直結。

また、上体の姿勢が整うことで、
スクワット自体にも普段使わない
ヒップ中部、内ももの刺激が強くなり
負荷をかけなくても短時間で
基礎代謝の向上に繋がります。

運動自体にカロリー消費を求めると
糖質制限中の場合は
筋肉の分解が増えてしまい全く逆効果。
短時間で使う筋肉が増える対策が必要です。


頑張れば頑張るほど、
我慢すれば我慢するほど、
痩せずストレスだけが溜まり続ける、、

あなたはご参考にしてください。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~
0から学ぶダイエット資格取得講座
1人の時も不安にならない。
〜ほっとできる強みの知識〜

○痩せよう!と思ったら誰よりも早く痩せられる
○時、場所を選ばず痩せられる!
○食事の場で無意識に痩せる食べ方が出来る



(↓クリック)
【NY,Paris認定 ダイエット専門
「オフィシャルモデルダイエット講座」】




1日5件のショックな質問…
「モデルじゃなくても受けられますか?」
【当たり前です!】
「夏のモデル体型ボディメイクダイエット」

3ヶ月の体型のビフォーアフター
↓40代主婦1カ月弱で-17㎏(テレビでも続々証明!)



↓30代OLのダイエット


〇食事内容の一部をSNS公開


(↓クリック)
夏の!モデル体型ボディメイクダイエット




【2カ月で40万部突破!】
ジムに通えない43都道府県のあなたへ。
モデルが秘密にしたがる
体幹リセットダイエット



(クリック↓)
詳しい書籍内容はこちら


 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / ボディメイクトレーナー)
ボディメイクスタジオCharmBody 代表

モデルボディメイク

2016ミスユニバースジャパン日本代表公式コーチ2016ミスユニバースジャパン日本大会BC講師。元ミスワールド日本代表ボディメイクトレーナー2016ミスインターナショナル世界大会公式パートナー

このコラムに類似したコラム

「止まらない体重増加」50代女性の3つの痩せ方 佐久間 健一 - ボディメイクトレーナー(2017/02/16 10:00)

ラジオ出演 佐久間 健一 - ボディメイクトレーナー(2014/03/18 10:00)

横から見たら膨張 「下腹×ヒップの下半身太り」 佐久間 健一 - ボディメイクトレーナー(2017/09/06 15:00)

「パンツもスカートと苦手」横広い下半身の原因 佐久間 健一 - ボディメイクトレーナー(2017/08/31 15:00)

35歳から「痩せる=下半身痩せ」にならない原因 佐久間 健一 - ボディメイクトレーナー(2017/08/19 16:00)