私が依頼人に求めること - 経営コンサルティング全般 - 専門家プロファイル

小澤 康宏
東京都
経営コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:経営コンサルティング

丹多 弘一
丹多 弘一
(経営コンサルタント)
寺崎 芳紀
寺崎 芳紀
(経営コンサルタント)

閲覧数順 2021年09月19日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

 ずばり、「経営哲学」です。経営コンサルタントの私は、依頼人の企業に対する思いや経営の原点に抱く考えなどを聞くことで、サポーティングの骨子を組み立てます。

 私は、依頼人にどのように寄り添えば良いのか、又企業をどのような方向に向かわせれば良いのか、そのための課題は何なのかを知るために依頼人の「経営哲学」を知るように努めています。                                                             では何故、「経営哲学」を知る必要があるのかと言えば、そこには企業が辿ってきた歴史が詰まっているからです。その歴史の中にこそ、将来に向けたヒントが隠されていると信じています。

 「温故知新」という諺があります。これは先人の知恵に学ぶという意味ですが、「経営哲学」にはまさに先人の知恵が詰まっているのです。歴史を紐解くことは経営の原点に触れることであり、そこから将来へのビジョンが膨らんでくるものと考えています。

このコラムに類似したコラム

歴史は繰り返される 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2019/06/18 10:21)

【ITベンダー営業力強化】無料経営相談会のお知らせ 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2018/11/14 09:15)

新事業への投資その①「将来への不安にどう向き合うのか」 小澤 康宏 - 経営コンサルタント(2017/11/06 10:09)

依頼人の目を将来の経営に移す 小澤 康宏 - 経営コンサルタント(2017/07/03 10:02)

【ITベンダー営業力強化】無料経営相談会のお知らせ 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2013/04/02 06:52)