チーム力が分かる「ヤバイ!!」の基準 - 各種のヨガ・ピラティスレッスン - 専門家プロファイル

Style Reformer 『猫背改善専門スタジオ「きゃっとばっく」』代表
東京都
ピラティスインストラクター
03-6228-1946
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ヨガ・ピラティス

太田 律子
太田 律子
(ゴルフピラティスインストラクター)
太田 律子
太田 律子
(ゴルフピラティスインストラクター)
Style Reformer 小林俊夫
(ピラティスインストラクター)
田中 宏明
(ピラティスインストラクター)

閲覧数順 2017年08月21日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

チーム力が分かる「ヤバイ!!」の基準

- good

  1. 運動・スポーツ
  2. ヨガ・ピラティス
  3. 各種のヨガ・ピラティスレッスン

 こんばんわ

 

無事に福岡に到着し、明日の最終準備

 

 

 今日の福岡は恵みの雨が降っておりますが

 

相変わらず魚が美味しい♪

 

 



 本日のお話は

 

先週の研修での出来事

 

 

 専門的な内容の研修においても

 

ビジネス的な内容の研修においても

 

なるべく分かりやすく伝える為に

 

その人の興味がありそうな具体例を多く用いる

 

ということを意識しています

 

 

 そして

 

ビジネスモデルなどの話をしていた時に

 

DeNAの例を出したのですが

 

最近入社したとあるスタッフが(笑)

 

DeNAを知らないと言い始め

 

周りの先輩スタッフから「さすがにそれはヤバイよ!」と

 

 

 もちろん半端なく「ヤバイ」んですが

 

この「ヤバイ」の基準が、チーム力を考える上で

 

とっても大切なんですよね

 

 

 例えば

 

「ファンクショナルトレーニング」について話しながらも

 

鈴木岳さんを知らなかったら

 

おそらくほとんどの先輩トレーナーは

 

「ヤバイよ」って言うじゃないですか

 

 

 でも

 

Gary Gray氏を知らなくても

 

「ヤバイよ」って言うチームは

 

そこまで多く無いと思うんですよ

 

 

 もちろん

 

知っていれば良いという訳ではありませんが

 

その「ヤバイ」がそのチームの「情報感度」だったり

 

日頃のチームの「基準」を表していると思うんですよね

 

 

 そして

 

ビジネス的なことで言うんであれば

 

「大前研一氏の本を読んだ事無いなんてヤバイよ」とか

 

「毎朝、日経新聞すら読んでないの?」だったり

 

「フィリップ・コトラー知らないなんて大丈夫?」とか言う

 

トレーナーのチームってほとんど無いと思うんですよね

 

 

 この「ヤバイ」の基準をどこまで高めるか

 

後輩が入社してきた時に

 

先輩スタッフが皆上記のことを知っていたり

 

本や新聞を読む習慣を持っていれば

 

それが基準になって、自然と後輩スタッフも読み始めますよね

 

 

 ではその基準のスタート地点は誰なのか?というと

 

それはやっぱり「社長」なんですよね

 

 

 だから「社長」の基準が低いと

 

チームの基準が低くなって

 

それによって質の低いチームに繋がります

 

 

 専門的なことはもちろんですが

 

様々な分野における「ヤバイ」の基準を如何に高めるか

 

これがチーム創りにおいて大切なのではないでしょうか?

 

 

としお

 

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / ピラティスインストラクター)
Style Reformer 『猫背改善専門スタジオ「きゃっとばっく」』代表

目指せ!!2か月で猫背改善

高性能な姿勢分析器と専門のトレーナーがあなたの骨盤や背骨、肩甲骨の歪みなどを確認し、あなたのカラダとココロに合わせたエクササイズを提案し、2か月で猫背の改善を目指します!!

03-6228-1946
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。