大島の自然塩のご案内 - 洋菓子・和菓子 - 専門家プロファイル

洋菓子研究家 
料理講師

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:料理・クッキング

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

大島の自然塩のご案内

- good

  1. 趣味・教養
  2. 料理・クッキング
  3. 洋菓子・和菓子

 

 海の精さんのカタログが届きました 以前に皆様と工場見学に行った 伊豆大島の黒潮の海から 美味しい自然塩を 長年作っている お気に入りのお塩です❣️  では、きっともう忘れているだろうお塩の事 載せますね! 
日本は、岩塩や湖塩などの資源に恵まれていません 四方を海に囲まれているのに高湿多雨なため天日製塩にも適しません このため日本の塩作りは、海水から濃い塩水(かん水)を作る採かんと言う工程と、 これを煮詰めて結晶を作る(せんごう)と言う2つの工程から塩を作ってきました
この2つの工程で塩を作ると言う事は今も昔も変わらないのですが、


昭和の時代に塩は日本専売公社でした

その頃からの

製造工程は、大部分がこのイオン交換膜法↓戦前は沿岸はほとんどが塩田でしたが塩作りは重労働と

このイオン膜交換法が導入されたのでした




化学工業的なこの方法から出来上がる塩は、99.9%が塩化ナトリウム 辛~いだけのお塩です   平成7年から塩が自由化されて海外からの物も入ってくるようになり日本でもイオン膜交換法以外の製法でも公に作ることが許されるようになりました

 

 


2010年に塩の原材料名と工程を表示することが義務付けられてから
お塩のパッケージの裏面を見るとどんな塩なのかわかる様になりました。  この見方や意味がよく分からない方はお教室でもうちょっと詳しくお話しいたしますね聞いてくださいね~^^ 

本来海水には塩化ナトリウム以外のミネラル(カリウム、マグネシウム、カルシウム等々)が含まれています
塩化ナトリウムだけでは、ただ辛いだけのお塩になってしまいます
塩化マグネシウム、硫酸マグネシウム、硫酸カルシウム、塩化カリウムの 苦味、甘味、旨味が合わさっているからこそ美味しいお塩が出来上がるそうです  

ではでは、100%海水天日と平釜で作る日本の伝統海塩海の精さんの製造工程は、と言うと
昔ながらのこの方法に近いのです




こちらが、千波工場
濃い海水にする工程です


雨が降っているように見えるこちらは、海水をポンプでくみ上げ風の力で濃い海水にします


 


太陽の力で更に濃い海水に。これを精製工場の元町工場に運んで、
 


平釜で煮詰められて結晶に
 


にがりと出来たてほやほやのお塩に分けられて、

 


検品されて袋詰めへ
この日は、焼き塩の袋詰めを見せて頂きました



以上が、海の精さんの工場で見てきたこと! 安心安全な塩作りの工程

旨みも甘みもある「海の精」のお塩
是非是非皆様も使ってみてくださいね!!!
ぁ!知らないと損しちゃいますよ♪^^

ネットでもお買い物が出来ます★★★


が、お教室では送料を負担しますので希望者はどうぞ~^^

 

 

お料理にまろやかさと深みが出て、あれっ?料理の腕上がったかなと思っちゃうほど♪
もう絶対手放せません!
おすすめです♡  どんどん新製品も出ていて

 

最近の私のお気に入りは

 

なんでもソルト

 

ハーブやスパイス、シイタケなどのうま味成分 そして生姜にんにくまでも入っている!

 

前回、うそ~と思いながら頼みましたけど

 

これは、楽です

 

ちょっと振るだけで料理上手~^^

♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡

 

電子版が今ならお得!コチラ→    Kindle版★   大型本↓『バターなしだからすぐできる“大人かわいい”お菓子のレシピ』

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(料理講師)
洋菓子研究家 

お菓子に恋したサロネーゼのキュートなケーキ教室です。

湘南・大磯の自宅で、失敗のない様に家庭ならではの独自の簡単製法で愛情たっぷりのキュートで美味しいケーキを作っています。ご一緒に楽しみながら豊かな時間を過ごしましょう。企業向けには持ちうる力を発揮し、ご希望に副える様対応しております。