なぜ、自信を持たないとダメなの? - ビジネススキル研修全般 - 専門家プロファイル

株式会社オフィス・ウィズ 代表取締役
研修講師

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ビジネススキル研修

鈴木 誠一郎
鈴木 誠一郎
(ビジネスコーチ)
飯田 祥子
飯田 祥子
(マナースタイリスト)

閲覧数順 2017年08月18日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

なぜ、自信を持たないとダメなの?

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. ビジネススキル研修
  3. ビジネススキル研修全般
プロとして生きる! キャリアを磨こう

自分を信じることを 自信 と言います。 自分を信じていない人いるの? というひとも、もちろんいますよね。 でもね。 ほんとうに、自分を信じていますか? って、改めて聞かれたらどう答えますか? いつも、自信がありますか? 自信をもつことを、無意識に、避けていませんか? 傲慢に思われたら嫌だ・・・とか。 自信もっているのに、失敗したらカッコ悪いとか・・・・。 そうなんです。 常にぶれずに、自信を持つことって、 けっこう難しい課題なんです。 では、なぜ、自信を持った方が良いのかというと、 自分のことが信じられると、 へんな方向から相手のことを考えずに済むから、 相手の期待や希望をかなえることの、真の喜びが得られるからなのです。  よくね。 相手のことを気遣うって、疲れますよね?と聞かれます。 ぜんぜん。 だって、相手の立場に立って考えるということは、 軸の自分がぶれないからできることだからです。 相手の立場に立って考えないで、 自分の立場のまま、相手のご機嫌をうかがって、損ねないようにしようとするから、疲れるんです。 相手を気遣うということは、相手のご機嫌を取るということではないんです。 自分の経験や、持っている情報、考えや工夫で、相手を楽しませる、驚かせる(良い意味で)ことが、相手のためになるということで、相手のご機嫌を整えるのは、他人にできることではないし、他人に求めることでもないものなのです。 自信って、じゃ、どうすれば持てるの? だよね。 それは、また、次回に書きますね。  今日もご機嫌整えて。良き日を過ごしてくださいね。 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(研修講師)
株式会社オフィス・ウィズ 代表取締役

実践型研修で、結果が即・行動に現れます

ビジネススキルに不可欠なコミュニケーション力。ますます重要な「聴く力」「話す力」「論理的に考える力」を高める研修はじめ、企業研修の内製化のコンサルティング、人事政策のアドバイスなど、人事に関する総合的なご支援をしています。

カテゴリ 「プロとして生きる! キャリアを磨こう」のコラム