夫又は妻が不倫・浮気をしていると感じたら? - 離婚問題全般 - 専門家プロファイル

弁護士法人アルテ 代表弁護士
兵庫県
弁護士
06-6435-8309
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:離婚問題

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

夫又は妻が不倫・浮気をしていると感じたら?

- good

浮気・不倫とは

浮気・不倫とは、裁判例では、「配偶者のある者が自由な意思にもとづいて、配偶者以外の者と性的関係を結ぶこと」をいうとされています(最判昭和48年11月15日)。

浮気・不倫の立証がポイント

夫又は妻の不倫・浮気(不貞行為)は、離婚原因となり、慰謝料請求が認められる可能性があります。

この点、相手に対し、離婚や慰謝料の支払いを請求する際のポイントは、不倫・浮気の証拠をどれだけ集めることができるかです。

相手が不倫・浮気を認めないことがありますし、また、仮に、相手が現在認めていても、後で否認に転ずることがあるため、やはり証拠が必要となるのです。

裁判で離婚を請求する場合や、慰謝料を請求する場合には、訴訟をした側、つまり請求する原告側に立証責任があります。

したがって、相手が不倫・浮気をした証拠を示し立証していく必要があります。

浮気・不倫の証拠例

・不倫相手とホテルに入る写真や動画

・不倫相手との宿泊先の領収書、クレジットカード利用明細書

・不倫相手との旅行写真

・不倫を示唆するメール、手紙

・不倫を示唆するメモ、日記

・不倫を示唆する留守番電話のメッセージ

・不倫をした旨の本人の告白の録音データ

・携帯の発信、着信履歴

・会社の同僚・友人からの供述

・不倫相手の供述

当社では、

「あなたの事案ではどのような証拠を集める必要があるか」

「どのような証拠を集めることができるのか」

を具体的に指摘します。

また、それら証拠収集の際のポイントもお伝えします。

浮気・不倫の証拠が散逸しないよう、慰謝料が時効消滅しないよう、早めのご相談をお勧めします。

不倫慰謝料を請求したい方・不倫慰謝料を請求された方はこちら

・不倫慰謝料を請求したい方

・不倫慰謝料を請求された方

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(兵庫県 / 弁護士)
弁護士法人アルテ 代表弁護士

企業法務から身近な法律相談まで幅広く対応いたします。

弁護士法人アルテ代表弁護士。東京大学法学部卒。企業法務に従事し、労働問題(会社側)に精通。著書「外国人雇用の実務」(同文舘出版)。ラジオ番組出演(FMあまがさき「中西優一郎のLaw and Order」)。商工会議所、大学、企業での講演・セミナー多数。

06-6435-8309
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

このコラムに類似したコラム