膝ピンについて - 姿勢・ウォーキング - 専門家プロファイル

YURUKUウォーク 代表取締役
東京都
マスターウォーキングインストラクター
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

歩くことは生きること
YURUKU®考案者 Norikoです。

YURUKU®では膝をピーンと伸ばしません。
それがどの程度なのかというご質問を頂くのですが
無意識的でも意識的にでも膝がピーンとなるのは
すでに姿勢のバランスが悪いです。このビフォーアフター写真
ビフォーでは膝をピーンと伸ばしておられました。
意識して膝を伸ばしておられたわけではありません。
膝をピーンと伸ばさないとうまく立っていられない姿勢のバランスだからです。
なのでアフター写真のように変わったのは
ただ膝をピンとするのをやめたから変わったのではありません。
それだけではこんな風には変わりません。
最初に何をしたかというと常々NGだとお話ししている
つま先を開いて姿勢をとるのをやめてもらいました。
ビフォー写真ではつま先を開いて立っているのがわかりますね。
こうしている時点で足からバランスが崩れていってしまいます。

つま先まで足を揃えた上で
YURUKU®のバランスで姿勢をとっていくことでアフターの足に変わったのです。

ビフォーのような足の方たくさんおられます。
歪みが大きくなると膝痛、腰痛、股関節痛など引き起こしてしまう可能性もあるので
身体にとって良い姿勢のバランスで過ごすことは大切なんです。

セミナーでは姿勢のとり方をお教えした後
『膝をピンとしないで』とお伝えしていますが
これは膝をピンとすることで元の悪いバランスにすぐに戻ってしまうからです。
クセというのは本当に厄介なんです。

そして膝をピンと伸ばしているときは
身体はブレブレだということもセミナーで体感していただいています。
身体がしっかり安定していると勘違いしてしまう膝ピンですが逆なんです。


それなのに関節がロックされてさっと動けないという
身体を動かす上でも不要な力みなのです。
それから美脚からも残念ながら遠のいてしまうのです。


姿勢のバランスについてはYURUKUウォーカー®入門講座で
大腰筋のコントロールと足の調整についてはYURUKUウォーカー®認定講座で
歩くだけで美脚になる方法については代表Norikoウォーク講座でお伝えしています。
YURUKU公式レッスン・セミナー
スクール承認のレッスン・セミナー



【人気記事】▼▼▼ダイエットの失敗・痩せない理由・リバウンドする理由
▼▼▼太ももが太くお尻が大きいのは立ち方と歩き方が原因
▼▼▼何度でも言います14肩甲骨寄せる姿勢をつづけていると▼▼▼いつも以上に本気ブログ骨盤底筋横隔膜そして内転筋

information

YURUKU無料会員登録
レッスン・セミナーなどの情報を
いち早くお知らせします。

代表Norikoレッスン一覧

YURUKU公式レッスン・セミナー
スクール承認のレッスン・セミナー

◾︎
スクール情報
◾︎
YURUKU®って何?
◾︎
どのレッスン受けたらいいの?
◾︎
ご受講者の声
◾︎
NorikoのFacebook個人ページ
お会いした方繋がって下さいね!
◾︎
Norikoの何度でも言います
◾︎
そのダイエット間違ってない?
◾︎
Norikoの身体機能について
筋トレ・ストレッチゼロ生活のNorikoの身体機能についての動画や記事

◾︎YURUKU®ウォーク&ランイベント
(東京お台場・大阪城公園・梅田スカイビル・名古屋ミッドランド)

◾︎
インストラクター養成講座 
東京・大阪・福岡・北海道・名古屋

◾︎
YURUKUウォーカー®講座
入門・認定講座 東京・大阪・名古屋・福岡

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / マスターウォーキングインストラクター)
YURUKUウォーク 代表取締役

歩くことは生きること~生きる喜びをともに

日常の自然な歩き方「YURUKUウォーク」考案者。筋トレやストレッチを必要としない独自メソッドで、受講生は10000人以上、インストラクターは150人を超えました。近年はオリンピック代表選手のパーソナルレッスンや企業の健康指導など多岐に渡り活動中です。