良くなることを止めてしまう思考のクセ - 姿勢・ウォーキング - 専門家プロファイル

YURUKUウォーク 代表取締役
東京都
マスターウォーキングインストラクター
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

良くなることを止めてしまう思考のクセ

- good

  1. 美容・ファッション
  2. イメージコンサルティング
  3. 姿勢・ウォーキング
歩くことは生きること
YURUKU®考案者 Norikoです。


以前のブログ▼▼▼『YURUKUなんて!何よ!全然変わらないじゃない!』
に  がんばり屋さんのお話を書きました。
ちゃんとしなきゃ!が強すぎるとYURUKU®の効果が出にくいというお話です。

他にも効果が出にくい思考のクセがあります。


それは
ダメなとこ探しのクセ。

自分の良いところを認めない。
褒められても素直に受け取らない。
そうして悪いところばかりに焦点を当てるクセも
良くなることを遅める  または止めてしまいます。

完璧な人なんていません
みんな良いところも悪いところもあるはずです。
下の絵の大きな円が自分だとします。悪いところ良いところ
悪いところに焦点を当てていたら
こんな風になってしまいます。せっかく良いところがあるのに隠れてしまいます。

悪いところに焦点を当てる例はコレ⬇︎
手鏡を顔の間近に持ってきてシミやシワのチェックしてません?う~んこの至近距離で顔を見合わせるのって
ラブラブカップルかお子さんくらいでしょ?

他にもね
こういうのもあります。
YURUKU®の東京スタジオは大きな窓がいっぱいあります。これを見て
『明るくて開放感あっていいなぁ~』
と 思うのか
『あ~窓拭くの大変そう~』そうそう窓拭くの大変です´д` ;
と 思うのか。
同じものを見ていても見方が違うわけです。

身体のことで言うと
痛いところや形の悪いところにばかりに焦点を当てて
良くなっているところに気づかない方がおられます。

そしてそこを褒められると
でも  ここが・・」と 悪いところのお話をして
褒められることを良いところを認めることを拒否してしまいます。

一時スクール内でこんなルールを決めたことあります。

誰かに褒められたら「ありがとう♡」と 素直に喜び受け取る。
「いえいえ そんなことない」と手のひらを相手に向け拒否しない。
そんなルール。

良いところを見つけてもらえたことを喜びそこに焦点を当てていく。
そして自分でも良いところを探してみる。

良いところに焦点を当てるとこんな感じ。お~!!(^o^)悪いところ隠れました。

一度きりの人生ですよ^ ^
楽しく生きたいですよね♪


【人気記事】▼▼▼ダイエットの失敗・痩せない理由・リバウンドする理由
▼▼▼太ももが太くお尻が大きいのは立ち方と歩き方が原因
▼▼▼何度でも言います14肩甲骨寄せる姿勢をつづけていると▼▼▼いつも以上に本気ブログ骨盤底筋横隔膜そして内転筋

information

YURUKU無料会員登録
レッスン・セミナーなどの情報を
いち早くお知らせします。

代表Norikoレッスン一覧

YURUKU公式レッスン・セミナー
スクール承認のレッスン・セミナー

◾︎
スクール情報
◾︎
YURUKU®って何?
◾︎
どのレッスン受けたらいいの?
◾︎
ご受講者の声
◾︎
NorikoのFacebook個人ページ
お会いした方繋がって下さいね!
◾︎
Norikoの何度でも言います
◾︎
そのダイエット間違ってない?
◾︎
Norikoの身体機能について
筋トレ・ストレッチゼロ生活のNorikoの身体機能についての動画や記事

◾︎YURUKU®ウォーク&ランイベント
(東京お台場・大阪城公園・梅田スカイビル・名古屋ミッドランド)

◾︎
インストラクター養成講座 
東京・大阪・福岡・北海道・名古屋

◾︎
YURUKUウォーカー®講座
入門・認定講座 東京・大阪・名古屋・福岡

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / マスターウォーキングインストラクター)
YURUKUウォーク 代表取締役

歩くことは生きること~生きる喜びをともに

日常の自然な歩き方「YURUKUウォーク」考案者。筋トレやストレッチを必要としない独自メソッドで、受講生は10000人以上、インストラクターは150人を超えました。近年はオリンピック代表選手のパーソナルレッスンや企業の健康指導など多岐に渡り活動中です。