心の隙間を覗き見する癖・・改めたいですね - ビジネススキル研修全般 - 専門家プロファイル

株式会社オフィス・ウィズ 代表取締役
研修講師

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ビジネススキル研修

鈴木 誠一郎
鈴木 誠一郎
(ビジネスコーチ)
飯田 祥子
飯田 祥子
(マナースタイリスト)
鈴木 誠一郎
鈴木 誠一郎
(ビジネスコーチ)

閲覧数順 2017年08月21日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

心の隙間を覗き見する癖・・改めたいですね

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. ビジネススキル研修
  3. ビジネススキル研修全般
プロとして生きる! キャリアを磨こう

郵便を配達してくれるお兄さんのバイク。

エンジンを止めて、ポストに郵便を入れてくださいました。

そして・・・

エンジンがかかることは二度となくなってしまいました。

庭で、バイクのピックアップを待つお兄さん。

我が家の長男よりちょっと年下の感じ。

仕事って、順調な時ばかりではないことを、学んだようです。


さて。今日は人達参考書の新しい1ページに追記です。


心の隙間を覗き見する癖。

相手への気配りと、相手の心をのぞき見することは

違います。


相手側に立って、その人が望むことや願うことを探すのが気配り。

それを実行するのが、思いやりある行動。


でも、相手の心の奥を覗き込んでみることは、

自分の側に立っている、その立ち位置を変えないで行うこととは、

違うのです。



相手のご機嫌に振り回される必要はなく。


自分のご機嫌通りに行動することを望むことは、

決して悪いことではありません。

悪いことどころか・・・


自分のご機嫌通りに行動するには、


勇気や、覚悟が伴うので、


それこそ、実行できたら、自分を褒めてあげたいくらいの行為です。


では、自分勝手な振る舞いと、自分のご機嫌中心の違いは何でしょう。

その一つの基準が、相手への思いやりがあるかどうかということでしょう。

相手のことを真剣に考えることは、楽しいものです。

自分が言われたらいやなことは、相手も嫌がる。

自分がされて嫌なことは、その人も嫌がるに違いありません。

相手の側から、相手のことを考える。そんな習慣、身につけられたらいいですね。

今日もご機嫌整えて。良き時間をお過ごしくださいね。



カテゴリ このコラムの執筆専門家

(研修講師)
株式会社オフィス・ウィズ 代表取締役

実践型研修で、結果が即・行動に現れます

ビジネススキルに不可欠なコミュニケーション力。ますます重要な「聴く力」「話す力」「論理的に考える力」を高める研修はじめ、企業研修の内製化のコンサルティング、人事政策のアドバイスなど、人事に関する総合的なご支援をしています。

カテゴリ 「プロとして生きる! キャリアを磨こう」のコラム