捨てようと思っていたアイテムが復活 - 収納方法・テクニック - 専門家プロファイル

株式会社アビタ クエスト 代表・住生活アドバイザー
東京都
インテリアデザイナー
03-6222-2323
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:整理収納・ハウスクリーニング

片付けプロモーター 高橋和子
片付けプロモーター 高橋和子
(収納アドバイザー)
片付けプロモーター 渡部亜矢
片付けプロモーター 渡部亜矢
(収納アドバイザー)
収納ドクター@長柴美恵
収納ドクター@長柴美恵
(リフォームコーディネーター)
宮崎 佐智子
(自分整理ナビゲーター)

閲覧数順 2017年08月16日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

捨てようと思っていたアイテムが復活

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 整理収納・ハウスクリーニング
  3. 収納方法・テクニック
整理収納・片づけ・模様替え

捨てたことを忘れて探ししている自分に呆れたりします。
反対に、捨てたと思っていたら、まだ持っていた!

どの記憶を残しておくべきなのか?
思うように消したり残したりできませんね~

もう捨てようと思っていた帽子。
バーニーズで気に入って買ったのですが、
近ごろはかぶる機会がめっきり減ってしまし、
リムのところも変な癖がついて外はね。

あ~もういらないね。と思いきや、
今は畑仕事のときにちょうどいいのです。



変形したリム・・・・・
失敗してもいいと思って、
シワとりスプレーを吹きかけて、
手で内側にクセ付けしてみたら、
なんとフラットになってくれたのです。

まるで麦わら帽子みたい。
デザイナーには申し訳ないことなのですが。

おまけに、グレイの綿パンと黒の長袖リネンシャツ。
これも着ることはないな~と思っていたのに、
野良着としてピッタリ。

セレクトショップにとって想定外なシーンでの着こなし!

捨てなくてよかった。
まあ、こんな嬉しいケースはまれなこと。
なければないで、野良着にしていい服は他にもあるのですから。





カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / インテリアデザイナー)
株式会社アビタ クエスト 代表・住生活アドバイザー

【整理収納術のプロ】によるお片付け・模様替え

「おうち素敵」ライフを叶えるお手伝いをしています。誰に相談したらいい?そんなときにいつでもお気軽にどうぞ。一人で頑張らなくても大丈夫! 豊富な経験をもとに丁寧にアドバイスいたします。

03-6222-2323
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「整理収納・片づけ・模様替え」のコラム