病気が潜伏しているかの見分け方 - 体の不調・各部の痛み全般 - 専門家プロファイル

有限会社 木村爽健 代表
東京都
鍼灸師

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:体の不調・各部の痛み

井元 雄一
(カイロプラクター 博士(健康科学))
井元 雄一
(カイロプラクター 博士(健康科学))

閲覧数順 2017年08月21日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

病気が潜伏しているかの見分け方

- good

  1. 心と体・医療健康
  2. 体の不調・各部の痛み
  3. 体の不調・各部の痛み全般
「全然暖かく感じないです。」
ライザブの体験会をしていると、時々こういった人がいます。

ライザブは、電子数が高い製品になると
1日1時間程度使うだけで、体内が温かくなったり
場合によってはのぼせるという状態になります。

これが正常な人に起こる反応です。

ところが、
「全く何も感じないのですが。」
という方がいます。

ライザブのRZを購入されて、無反応だという人も
まれにいます。

こういう方は、病気の潜伏を疑ったほうが良いです。

ライザブから電子が出ているというのは、
測定器ではっきりと数値化できます。

その電子を大量に浴びても、体に反応が出ないのは
ご本人の状況が極めて悪いという証拠です。

また、体温も低い、感度も低いという状態は
免疫力低下とかなり密接な関係があります。

今は自覚していなくても、体内では病気が進行し
突然病気が出てきたら、末期がんだったというパターンに
陥りやすいです。

手の指を軽く10分程度もんでみて、
暖かく感じないという人は、少し機能低下の兆候が
出てきていると思ったほうが良いです。






写真は、玉川レベル。左が電子数 1118
 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 鍼灸師)
有限会社 木村爽健 代表

お手伝いできることはありますか?

 体に不調が出る原因は、ご本人だけでなく環境も大きく影響してきます。単純に目の前の困っている症状に対処するだけでなく、どのようにすれば体質改善して病気を予防できるかについてもお話させていただきます。一緒に健康を取り戻しましょう。