飲食店訪問記パート28 - 経営戦略・事業ビジョン - 専門家プロファイル

藍原 節文
株式会社ファースト・シンボリー 代表取締役
経営コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:経営コンサルティング

丹多 弘一
丹多 弘一
(経営コンサルタント)
寺崎 芳紀
寺崎 芳紀
(経営コンサルタント)

閲覧数順 2021年04月14日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

飲食店訪問記パート28

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 経営コンサルティング
  3. 経営戦略・事業ビジョン
販促のプロが行く!飲食店訪問記
最近体調を崩していたせいもありまして、あまり飲食店には行っておりま
せんが、打ち合わせでは、よく飲食店を訪問させていただいております
ので、先日打ち合わせに行きました、ある飲食店で説明させていただいた
内容に関して、少々コメントさせていただきます。


その内容は、飲食店のファサードに関して。


最近ではファサードなどという言葉を使っていますが、簡単に言うと外観
のこと。私がコンサルしている企業様などの間では、看板等も含めた外観
全般のことを言っています。


さて、このファサード、非常に重要な意味を持っています。

なぜなら、看板やメニュー表、ポスター、タペストリーなどファサードの
一部として置いてあるものを見て、お客様が入店するかどうかを決めている
からです。


そこで、とある飲食店でのファサードに関して、私が説明させていただいた
ことは以下の点です。


■分かりやすいメニュー表示になっているかどうか。
■価格がしっかりと明記されているかどうか。
■料理の写真を掲載している場合、美味しそうな写真になっているか
■キャッチコピーは通行客の心をひきつけるコピーになっているかどうか
■客動線に合わせた配置で看板などが出されているかどうか
■通行客層に合った内容になっているかどうか
■定期的にメニューを変え、新鮮感を与えているかどうか



飲食店を経営されている方がいらっしゃいましたら、是非、この機会に
ファサードを見直してみてはいかがでしょうか?