クライアント社長の一言より2 - 経営戦略・事業ビジョン - 専門家プロファイル

藍原 節文
株式会社ファースト・シンボリー 代表取締役
経営コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:経営コンサルティング

丹多 弘一
丹多 弘一
(経営コンサルタント)
丹多 弘一
丹多 弘一
(経営コンサルタント)
寺崎 芳紀
(経営コンサルタント)

閲覧数順 2021年11月26日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

クライアント社長の一言より2

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 経営コンサルティング
  3. 経営戦略・事業ビジョン
経営雑学〜私の独り言〜
今日も趣向を変えて、取引のあるクライアント社長が毎日書いている
ブログから、内容を引用させていただきます。毎日、素敵な内容の
コラムを書いていらっしゃいますので、一部ご紹介させていただきます。


■本日の内容

『人として・・・』

最近多くの飲食店で働く人の意識がかなり低下しています。
先日もある大手が運営する店舗に行った際に、注文を取りに
来た店員さんが日本人でありながら、日本語が通じない。
注文を取りながら、ハンディに入力をしていたのですが、
2品を入力した後にお薦めメニューを聞いたら、「今、店舗に
来たばかりでわからないので、キッチンに聞いてみます」との
回答。その後も2品の注文を聞いて行った筈が、戻ってきて
再度初めから注文をし直して欲しいと言われる。では、ダブっても
困るから何が注文が通っているかを聞くと、「確認してきます」と
言ったまま永遠と戻らない。その後同伴した人が、ブチ切れてしまい
その店員さんに詰め寄ると、まだ、入店して2週間で慣れていない。
だったら最初からそう言ってくれれば、それなりの対応したのに・・・。
「そこまで気を使ってどっちがお客かわからない」
まぁ、その後も数え上げたらキリが無いくらいの出来事のオンパレード
でしたが正直、お店の教育とかの以前に、人としてどうなのって感じです。
もし、わからない事が多々あっても、正直さと素直さがあれば、こちらも
気持ちよく応援するのですがね。




飲食店に限らず、サービス力の低下が多く見られるようになりました。

昔は良かったのに、と思えるような店舗もあります。


一つ、言えることは「正直」に接客することだと思います。
相手が気持ちよくなるくらい、正直になることも重要なファクターなのでは
ないでしょうか。