「まさか」の「坂」を…私自身が - 保険設計・保険見直し全般 - 専門家プロファイル

「保険と金融」の相続総合研究所 
東京都
研究員
050-3736-2778
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:保険設計・保険見直し

辻畑 憲男
辻畑 憲男
(ファイナンシャルプランナー)
森 和彦
森 和彦
(ファイナンシャルプランナー)
大泉 稔
大泉 稔
(研究員)

閲覧数順 2017年11月20日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「まさか」の「坂」を…私自身が

- good

  1. マネー
  2. 保険設計・保険見直し
  3. 保険設計・保険見直し全般
生命保険 生命保険
数日前の夕暮れ時のこと。
西新宿の事務所から、お客様を訪問する途上…「まさか」の「坂」を登ってしまいました。

いつものように、事務所の所在するビルの裏口から出て、路地と歩道との段差で、
左足首が「ムギュゥ」と聞いたこともない音を出し、
その瞬間、私は「いてぇ!!!!!!!」と天地がひっくり返るであろうほどの
大きな声を出してしまいました。


余りの痛さに、片足立ちもできません。
身体を引き摺りながら、KDDIビルの植え込みのある煉瓦の上に、
ひとまず傷ついた身を横たえました。

私の声に驚いた通行人の姿を数名ほど、見届けたものの、
ダレも声を掛ける人はおりません…私は、しょせん、男だ。

にしても、ナンにしても、夕暮れ時とはいえ、これから2件のアポイント。
「痛みが引くのを待って、お客様のところに向かう」ことを、まずは考えました。

しかし、問題なのは「骨もしくは腱が折れてはいない」か、という点でした。

患部に熱はあるものの、腫れ上がってくる様子はありません。
痛めた左足を引き摺れば、何とか歩くことはできそうです。
…ということで、「骨折では無い」と判断し、お客様のところに向かいました。

なので、↓のような姿にはなっていません。


今回、自らが「まさか」の「坂」を登って分かったのは、
例え、コンサル系や営業系の職種であっても「労災事故」は起こり得る、ということ。
今までは、せいぜい「通勤災害」もしくは「交通災害」くらいなものだと、タカをくくっておりました。

ということで…弊社の危機管理の見直しのきっかけにもなりました。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 研究員)
「保険と金融」の相続総合研究所 

突然の相続で…困っていらっしゃいませんか?

突然の相続で…「株式や投資信託を相続して」困っていらっしゃる方。多額の生命保険金を受け取って戸惑っていらっしゃる方。お気軽に、ご相談ください。

050-3736-2778
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「生命保険」のコラム