マイナス金利の中、預金金利を上げる信用金庫 - 資産形成 - 専門家プロファイル

株式会社FPコンサルティング 代表取締役
大阪府
ファイナンシャルプランナー
06-6147-7147
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:お金と資産の運用

上津原 章
上津原 章
(ファイナンシャルプランナー)
吉野 充巨
吉野 充巨
(ファイナンシャルプランナー)
前田 紳詞
(ファイナンシャルプランナー)
久保 逸郎
(老後のお金の不安解消アドバイザー)

閲覧数順 2017年09月23日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

マイナス金利の中、預金金利を上げる信用金庫

- good

  1. マネー
  2. お金と資産の運用
  3. 資産形成


今信用金庫が注目を浴びつつある。大手銀行と同じことをしていては勝てないからです。
一部の信用金庫で金利を引き上げるところもあり、超低金利時代の中、脚光を浴びています
例えば、熊本第一信用金庫(熊本市)は、多額の教育ローンや住宅ローンを抱える50歳未満の新規預金者の金利を優遇する「若者金利アップ定期預金」の取り扱いを始めた。50万円以上を1年間預けた場合の金利は年0・1%と従来の0・025%から大幅アップ。遠賀信用金庫(福岡県)も1年物定期預金(限度額300万円)に年0・15~0・3%の金利をつけた。西武信用金庫(東京都)も3月から定期預金の金利を引き上げる。3、4年物は店頭金利に0・01ポイント、5年物は0・02ポイント上乗せ。
なぜ信金はこれだけ金利を高く設定できるかというと、銀行に比べ運用資金を市場から調達する割合が少なく、ほぼ預金でまかなっているからです。さらに、全国の信金の上部組織である信金中央金庫に預金すれば、利息がもらえるのです。
新たに之繞金庫に注目してみましょう。
 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(大阪府 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社FPコンサルティング 代表取締役

お金の相談10000件以上!ここで培った経験が自信です!

ライフプランに関する相談業務はスキルや対応力も必要ですが、ケーススタディの蓄積が問題解決には重要です。これまでに3000件以上の相談を受け、そこで培った問題解決能力で、最適なアドバイスをさせていただきます。

06-6147-7147
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。