岡崎 謙二(ファイナンシャルプランナー)- コラム - 専門家プロファイル

岡崎 謙二
お金の相談10000件以上!ここで培った経験が自信です!

岡崎 謙二

オカザキ ケンジ
( 大阪府 / ファイナンシャルプランナー )
株式会社FPコンサルティング 代表取締役
Q&A回答への評価:
4.3/417件
お客様の声: 4件
サービス:3件
Q&A:1,229件
コラム:1,722件
写真:4件
お気軽にお問い合わせください
06-6147-7147
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

コラム一覧

1722件中 1~10件目RSSRSS

かんぽ生命、悪質販売で処分 NEW

かんぽ生は会見で、不利益販売の全容解明に関し「顧客一人ひとりの意向を丁寧に確認していく大変時間のかかる調査になる」と述べ、実態解明や顧客対応に相当な時間がかかるとの考えを示しました。 保険業法は、契約者に虚偽の内容を伝えたり、不利益となる事実を告げずに既存の契約を解約させて新たな契約を勧めたりすることを禁じており、今回発覚した営業行為は該当する恐れがあり、金融庁幹部は「かんぽがまだ調査...(続きを読む)

2019/07/11 09:30

個人向けマネー相談が急増 NEW

ここ数日、個人向けのマネー相談が増えています。その理由は「2000万円問題」です。 老後に対する不安をお持ちの方が多く、そのため相談が増えていたのでしょう。 老後資金ははどれぐらい必要か?それはライフプランを作ればわかります。 そのために老後はどのようにしたいか夢や目標などを聞きながら老後に必要な資金を算出しています。 当社の相談は有料ですが、中立的な立場のFPに相談したいと、あえて有料を...(続きを読む)

2019/07/10 09:47

20代から30代、住宅ローン残高過去最高 NEW

若くて持ち家借金膨らんでいるようです。2018年の20代から30代の負債残高は、持ち家志向が多く住宅ローンの残高が増加しています。 低金利がもたらした若い世代の債務超過はこれから一体どうなるでしょうか?(続きを読む)

2019/07/09 09:05

「老後2000万円不足」で金融機関に恩恵 NEW

 「2千万円」に刺激される形で、個人の動きも活発化しています。セミナーは参加者がたくさん集まりますし、インターネット専業証券では、個人投資家の動きが活発化しています。楽天証券によると、個人型確定拠出年金「iDeCo(イデコ)」と「少額投資非課税制度(NISA)」の申込件数は報告書発表後に約2倍に増えた。6月25日に開催したオンラインセミナーは昨年実施した同様のセミナーと比べ3~4割多くの人が...(続きを読む)

2019/07/08 09:12

ideco加入広がる

毎月掛け金を納めて資産運用し、将来年金や一時金として受け取る「個人型確定拠出年金」(iDeCo)について、加入者が100万人を突破して、ますます加入が広がっています 今月も多くの公務員団体の講師をしています(昨日は島根)が、まだまだ公務員でideco加入している人は少ない様に思います 厚労省によると、年代別では40代が最も多い39・3%で、50代が35・6%、30代が20・5%、20代...(続きを読む)

2019/07/03 10:10

老後2000万円の罠

「老後2000万円が不足する」が話題になっています。 そもそもこれは金融庁のワーキンググループ(我々FPなどの有識者が集まった会議)がまとめた資料で、資料を示したのは厚労省年金局の課長のようです。老後資金の確保のために公的年金を補完する手段として個人年金の意義を紹介、総務省の家計調査を元に高齢夫婦無職世帯の現在の収入・支出状況の資料を示し、「実収入20万9198円と家計支出26万371...(続きを読む)

2019/06/24 14:53

「外貨建て保険」苦情6年で4倍 リスク開示不十分

主に銀行窓口で販売される「外貨建て保険」をめぐり、契約者からの苦情が平成30年度に前年度比34・6%増の2543件に上ることが分かりました。 直近6年間で4・3倍に増え、歯止めが利かない状態。商品開発を担う生命保険業界と販売を受託した銀行業界の間で責任の所在があいまいになり、強引な営業活動が抑制されにくいことが背景にありそうだ。 銀行がまるで貯金のように販売している実態。本当に銀行というところは信...(続きを読む)

2019/06/13 12:36

日本人口減40万人

これから日本人口はますます減少していくでしょう。 2018年の人口動態統計によると、死亡数から出生数を引いた自然減は44万4085人と初めて40万人を超え、1人の女性が生涯に産む子供の推計人数を示す合計特殊出生率は1・42で、3年連続で低下。 人口減少は進む見通しで、若年人口は少なく今後の日本の成長が心配です。(続きを読む)

2019/06/08 09:44

医師FPが人気

医師(ドクター)に特化したファイナンシャルプラニングが人気です。医師は収入が高いために税金や社会保険料の負担を重く感じている、退職金や年金が充分ではないために将来を不安に感じている、忙しくてお金を使う時間がないのでお金の管理ができない、生活費や教育費の負担が多く貯蓄ができない、保険に加入し過ぎ、住宅ローン過大、資産運用したいが時間がないなど、ドクターにはドクター特有のお金の悩みをお持ち...(続きを読む)

2019/06/05 15:10

金融庁が人生100年時代へ指針

金融庁は、長寿化が進む人生100年時代において、金融資産の不足を生じさせないための提言を盛り込んだ報告書を取りまとめました。 「現役期」「退職前後期」「高齢期」の3世代に分けて実施すべき対応策を例示したので記載します。 ≪現役期≫ ・老後まで多くの時間があり、早い時期から資産形成を行う重要性と有効性を認識する ・少額でも資産形成の行動を起こす ・信頼できるアドバイザー、長期的に取引でき...(続きを読む)

2019/06/04 12:17

1722件中 1~10件目

プロフィール評価・口コミ対応業務経歴・実績連絡先・アクセスサービスQ&Aコラム写真