『会議遅れる…窓から線路に、千代田線遅れに拍車』…気持ちは分かる - 保険設計・保険見直し全般 - 専門家プロファイル

「保険と金融」の相続総合研究所 
東京都
研究員
050-3736-2778
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:保険設計・保険見直し

伊藤 誠
伊藤 誠
(ファイナンシャルプランナー)
辻畑 憲男
辻畑 憲男
(ファイナンシャルプランナー)
辻畑 憲男
辻畑 憲男
(ファイナンシャルプランナー)
大泉 稔
(研究員)

閲覧数順 2017年11月17日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

『会議遅れる…窓から線路に、千代田線遅れに拍車』…気持ちは分かる

- good

  1. マネー
  2. 保険設計・保険見直し
  3. 保険設計・保険見直し全般
生命保険 生命保険
『会議遅れる…窓から線路に、千代田線遅れに拍車(読売新聞の記事はこちら)』

いくら電車が止まっているとはいえ、電車の窓から線路に降りること自体、
かなり危険な行為です。


まして、線路の上を歩くのは、もう、かなりリスキーですね。

しかし…。
気持ちは分かりますよね。大切な会議ですから。

ところで、「だったら、ナンで、時間にゆとりを持って行動しなかったのか?」
という声がありそうです。

確かに、それは言われて当然。
仮に、「(会議の)前の仕事との、時間の兼ね合い」があったとしても、
その位のスケジュール調整はするべきでしょう。

私も、今、大切な仕事に向かっていますが、到着は「(開始時間の)2時間前」です。
ちなみに、電車に乗っている時間は1時間半です。

すると、今度は「移動時間&待ち時間がもったいないのでは?」という発想に至ります。

そうなんですよね~…。それは、ありますよね。


なので。
一昨日も、同じように「遠方で大切な仕事だった」のですが…。
妻と、仕事場の近くの温泉旅館に泊まりました。


まず、仕事の前日(=つまり一昨昨日)に妻とロマンスカーで移動。


そして、妻と共に、仕事場の近くの温泉旅館に宿泊。


仕事の当日(=つまり、一昨日)は、私が早めにチェックアウト。
妻は、遅めのチェックアウトで、やはりロマンスカーで帰宅。


まあ、「移動と待機の時間」を「レジャーの時間」に代えてしまったわけですね!!


カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 研究員)
「保険と金融」の相続総合研究所 

突然の相続で…困っていらっしゃいませんか?

突然の相続で…「株式や投資信託を相続して」困っていらっしゃる方。多額の生命保険金を受け取って戸惑っていらっしゃる方。お気軽に、ご相談ください。

050-3736-2778
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「生命保険」のコラム