走るペースと脂肪の関係 - ファッションとダイエット - 専門家プロファイル

ボディメイクスタジオCharmBody 代表
東京都
ボディメイクトレーナー
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

走るペースと脂肪の関係

- good

  1. 美容・ファッション
  2. ダイエット
  3. ファッションとダイエット

潜在的に
ゆっくり走ることは悪いこと。

と小さな頃から刷り込まれます。

体育や運動会、マラソン大会。
ダラダラ走って良いことありました???

これが大人になってからの
ランニングに大きな勘違いを生みます。

ペースを上げる!

ダイエット目的で始めたことなのに、
ほぼ関係のないペースを重視しがちになる。

そもそもカロリー消費は
体重×移動距離

速さは関係ありません。

時間に制限がある場合は
早く走ったほうが
距離は稼げますが
ペース(強度)があがるほど
脂肪が使われる割合は激減。

具体的にいうと
疲れる=脂肪を使ってない
ということになります。

疲れは、無酸素運動による副産物。
無酸素運動は糖質をエネルギーにします。

本当の脂肪燃焼では
疲れないのが大前提。

つまり、
植えつけられた悪いことである
ダラダラ走る!が
有誘運動では
最も効率的な脂肪燃焼方法となります。

あなたのダイエット、そして、
一緒に、周りに
ダイエットのために走っている女性がいたら
是非教えてあげてください。

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / ボディメイクトレーナー)
ボディメイクスタジオCharmBody 代表

モデルボディメイク

2016ミスユニバースジャパン日本代表公式コーチ2016ミスユニバースジャパン日本大会BC講師。元ミスワールド日本代表ボディメイクトレーナー2016ミスインターナショナル世界大会公式パートナー

このコラムに類似したコラム

脂肪が最も使われるのは「寝てるとき」 佐久間 健一 - ボディメイクトレーナー(2015/10/19 19:00)

走るペースと脂肪の関係 佐久間 健一 - ボディメイクトレーナー(2015/09/12 18:00)

「減りやすいウエスト、一向に減らない下半身」 佐久間 健一 - ボディメイクトレーナー(2017/08/15 17:00)

3キロ痩せても「脂肪減らない、気付かれない」女性の3つの特徴 佐久間 健一 - ボディメイクトレーナー(2017/08/09 23:00)

夏特有の下腹のむくみ「3つの解消方法」 佐久間 健一 - ボディメイクトレーナー(2017/06/27 16:00)