ガンは無酸素が好き? - 体の不調・各部の痛み全般 - 専門家プロファイル

有限会社 木村爽健 代表
東京都
鍼灸師

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:体の不調・各部の痛み

関村 順一
(鍼灸マッサージ師)
みかん
(人体調律師 ・ 鍼灸マッサージ師)

閲覧数順 2017年11月18日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
「体がすごいだるい。」
例えば、短距離を走った後、
体がすごくだるくなりますよね。

でも、そのだるさは少しすると
回復してきます。

これは乳酸が溜まるのが原因です。

人間の体は、通常は酸素を使った
呼吸でエネルギーを作ります。

エネルギーというのは、
ATPという体の燃料です。

ところが、走ったりすると
酸素を細胞に送ってエネルギーを
作るという流れが間に合わなくなります。

そうすると、ATPができなくなり
走れなくなる、はずなんですが
もう一つのバックアップ回路があります。

これが無酸素呼吸といわれる回路で
とりあえずATPを作れます。

酸素呼吸の時に32ATP作れますが
無酸素呼吸は2ATP

少ないですが、やむを得ない処理です。

それと、この処理を行うと
乳酸が体内にたまります。

これがだるさの原因です。

酸素が使えるようになると、
乳酸も肝臓で糖に再生されて
再利用できるようになります。

酸素呼吸と無酸素呼吸は
細胞で臨機応変に切り替えが
おこっています。

ところが、
ガン細胞では、いくら酸素が
あっても、無酸素呼吸しか
しないようになります。

切り替えスイッチがバカに
なっていると思ってください。

エネルギーは作らないけど
馬鹿みたいにグルコースを
欲しがる細胞になります。

しかも、乳酸が増えすぎると
免疫能力が落ちるし、組織は
酸性になって、元気な細胞が
弱っていく環境ができます。

つまり、マッドマックスみたいな
世界になっていくのです。

ルール無用の悪党どもが
はびこり、一般市民が虐げられる。

ガン細胞では、こんな世界が
引き起こされています。

そこで、救世主になるのが
ミトコンドリアです。

とにかく、ミトコンドリアさえ
働くようになってくれれば
悪党どもは、指先一つでダウン
じゃないですが、処理することが
可能になります。

ミトコンドリアが動けば
・細胞を寿命通りに廃棄する働き
・免疫能力の働きがアップ
します。

つまり、ルールがきちんと
働くようになり、
マッドマックス的なガン細胞が
どんどん処理されて、
ガン細胞になりそうな奴は
真人間に更生されます。

もちろん、劣勢になった状態を
ひっくり返さないといけないので
そう簡単には、一度落ち込んだ
ミトコンドリアの働きを
復活させることはできません。

一番可能性があることは
大量の電子供給
です。

その方法として、ビタミン摂取などの
方法があると考えてください。

ライザブという電子を直接細胞に
送り込む方法もあります。

ライザブは下記をクリックしてください。
http://www.k-soken.com/lizave/



 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 鍼灸師)
有限会社 木村爽健 代表

お手伝いできることはありますか?

 体に不調が出る原因は、ご本人だけでなく環境も大きく影響してきます。単純に目の前の困っている症状に対処するだけでなく、どのようにすれば体質改善して病気を予防できるかについてもお話させていただきます。一緒に健康を取り戻しましょう。