2級建築士製図試験会場心得 - バリアフリー住宅 - 専門家プロファイル

やすらぎ介護福祉設計 代表
埼玉県
建築家
048-935-4350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

2級建築士製図試験会場心得

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. バリアフリー住宅
アメブロより更新中

明日は2級建築士製図試験ですね。

今年の課題は


公益財団法人建築技術教育普及センター㏋より


製図試験において、学校では書き上げることなど内容的な受験アドバイスが大半ですが、製図初受験の方に会場についてお話しすると・・

平置きテーブルは1台につき1人か2人が使用することになりますが、自分の前に人が座ると製図板に接触する恐れがあるので、ずらして座れるよう配慮してもらえると集中できます。

また、固定机の幅が狭い場合は製図板の足が落ちないよう架台を使用したり、折りたたみ机の場合は4つ足がガタつく場合があるので、足に敷くもの(ティッシュなど)を多めに持っていくとイライラすることはありません(^^)


受験生の大半は、作図能力は同じくらい仕上げてくるのでエスキス時間が勝負になります!

いかに集中して形を作り上げるかが合否を分けるので、試験前にたまたまこのブログをご覧いただいた受験生の方には是非頑張って頂きたいと思います!





カテゴリ このコラムの執筆専門家

(埼玉県 / 建築家)
やすらぎ介護福祉設計 代表

介護福祉のことなら何でも相談できる、ワンストップ型を目指して

医者に外科・内科等あるように、建築士にも介護福祉専門家がいてもいいと思いませんか?障がい者・高齢者や団塊世代が「終の棲家」としての住まいで安心して暮らせるサポートを致します。車いす使用などバリアフリー住宅や高齢者福祉施設などもご相談下さい。

048-935-4350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「アメブロより更新中」のコラム

入院時の必需品(2016/12/07 00:12)

高齢者の事故(2016/12/06 00:12)

2017年の祝日は。。(2016/12/05 00:12)

休日の音楽(2016/12/04 00:12)