東京オリンピック エンブレムに見る「和」の配色 - イメージコンサルティング全般 - 専門家プロファイル

安田 紀子
nrk color circle 
神奈川県
カラーコーディネーター
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

東京オリンピック エンブレムに見る「和」の配色

- good

  1. 美容・ファッション
  2. イメージコンサルティング
  3. イメージコンサルティング全般
色彩心理・配色

巷で話題になっている東京オリンピックのエンブレムですが、このエンブレムの配色について、ちょっと考えてみました。


私、ぶっちゃけオリンピックに興味がない(ええ、そう。非国民です)ので、このエンブレムの一連の騒動も気にしていませんでした。


が!何気に点けたテレビで、「配色が盗作」的な話題が聞こえてきましたので、「ん?配色?どれどれ?」と画面に目を向けてみました。


黒・赤・金の配色は、「和」をテーマにしたいときによく使われる配色です。

色にはそれぞれイメージがあり、配色を考えるときには、当然そのイメージを活かします。

この3色は漆器などでもよく見られる配色ですよね。


「和」をイメージするときによく使われる色としては、他に藍色などもあります。

歌川広重の浮世絵に見られる「ジャパンブルー」の色です。


また、色ではなく色の雰囲気を表すトーンでも「和」をイメージさせるトーンがあります。

深みのある色たちを集めたグループの「ディープトーン」です。

どのような色かというと、歌舞伎の緞帳の色、お茶漬けで有名な永○園のパッケージの色ですね


こういった色やトーンは、一般的に「日本風の配色にしよう」と思ったときに使われる配色です。

今回の件に限らず、テーマが決まっていて、そこから連想した配色にしようと思えば、似たような配色もあり得ると思います。


ま、あくまで私の個人的な感想なんだけどね