「沖縄戦の終結の日」は「日本政府が沖縄を完全に見捨てた日」 - 保険設計・保険見直し全般 - 専門家プロファイル

「保険と金融」の相続総合研究所 
東京都
研究員
050-3736-2778
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:保険設計・保険見直し

辻畑 憲男
辻畑 憲男
(ファイナンシャルプランナー)
森 和彦
森 和彦
(ファイナンシャルプランナー)
伊藤 誠
伊藤 誠
(ファイナンシャルプランナー)
田中 香津奈
(CFP・社会保険労務士)
田中 香津奈
(CFP・社会保険労務士)

閲覧数順 2016年12月09日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「沖縄戦の終結の日」は「日本政府が沖縄を完全に見捨てた日」

- good

  1. マネー
  2. 保険設計・保険見直し
  3. 保険設計・保険見直し全般
生命保険 生命保険

70年前の6月23日は「沖縄戦の終結の日」、正しくは「日本政府が沖縄を完全に見捨てた日」。

「沖縄戦」の最中は、たくさんの市民、子ども、女性、そして高齢者が犠牲になりました。
その犠牲者の中には、日本軍に殺された人も大勢いるそうです。


日本政府に完全に見捨てられた沖縄県は、その後、四半世紀以上の長きに渡り、
「外国」になります。

アメリカの施政下では、車は右側通行でしたし、九州や東京に行くにはパスポートが必要でしたから。
日本が朝鮮戦争の特需に沸き、空前の高度経済成長を成し遂げている間も
沖縄県は取り残されてしまうのです。

沖縄県という自治体をまるまる見捨てた実績のある日本政府です。

集団的自衛権に議論を費やすことに、果たしてナンの意味があるのでしょうか?
どうせ、いざとなれば、
多くの一般市民を犠牲にした挙句、自治体をまるまる見捨てるのでしょう。


70年前の沖縄県の悲劇を忘れてはなりません。


そう言えば。
70年前の4月7日に「沖縄県を救う使命を帯びて」旅立った戦艦大和は
沖縄にたどり着く前に、アメリカ海軍の飛行機に沈められてしまう。

そんな沖縄県ひとつ救えなかった戦艦大和が、
アニメでは宇宙戦艦ヤマトになって「地球を救う使命帯びて」旅立っていく。

自治体ひとつを救えなかったのが、今度は地球を救う…大変なご出世ですね。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 研究員)
「保険と金融」の相続総合研究所 

突然の相続で…困っていらっしゃいませんか?

突然の相続で…「株式や投資信託を相続して」困っていらっしゃる方。多額の生命保険金を受け取って戸惑っていらっしゃる方。お気軽に、ご相談ください。

050-3736-2778
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「生命保険」のコラム

決算事務が終わりました(2016/11/25 17:11)