4月末投信残高、100兆円規模(保険の見直し・山下FP企画・西宮) - お金と資産の運用全般 - 専門家プロファイル

山下 幸子
独立系FP事務所山下FP企画 代表・株)エイム西宮オフィス代表
兵庫県
ファイナンシャルプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:お金と資産の運用

上津原 章
上津原 章
(ファイナンシャルプランナー)
吉野 充巨
吉野 充巨
(ファイナンシャルプランナー)
前田 紳詞
(ファイナンシャルプランナー)
久保 逸郎
(老後のお金の不安解消アドバイザー)

閲覧数順 2017年09月21日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

4月末投信残高、100兆円規模(保険の見直し・山下FP企画・西宮)

- good

  1. マネー
  2. お金と資産の運用
  3. お金と資産の運用全般
経済動向・見通し・ニュース

 

 

投資信託協会は、
「証券会社や銀行で個人が買える公募投信の4月末残高は、

99兆2000億円弱と、前月末比2兆円増え、
前年同期比2割強増加した。」と発表しました。

 

最近の1年間で、
日経平均株価は約4割上昇し、
対ドルの円相場は約2割下落しました。

 

これが、株式や外貨建て資産を組み入れた投信の運用益を
押し上げています。

 

また、購入額から解約・償還額を引いた月次の資金流入額は、
2013年7月から22か月連続でプラスとなっています。


 

デフレが終息しつつあり、
預金だけでは資産価値が目減りすることもあり、
投資へシフトする個人マネーの流入が続いています。

 

売れ筋商品は、以前と比べ多様になってきています。

 

残高上位に目立つのは、
相対的に高い利回りの外国債券や
不動産投資信託(REIT)で運用する投信や
手数料が通常の投信より安い上場投資信託(ETF)などがあります。


 

少額投資非課税制度(NISA)では、
約3兆円の投資総額の6割強が投信となっています。


 

世界の投信残高は、
2014年末で約3700兆円です。

 

そのうち、米国は約1900兆円、
オーストラリアは約190兆円あります。

 

日本は、約1700兆円の個人金融資産があり、
今後この市場はますます大きく伸びていくものと期待されています。


 

詳細は、投資信託協会のHPをご覧ください。
www.toushin.or.jp/

 

 

このコラムに類似したコラム

FinancialAdviser12月号に投資信託について執筆 ~相場に左右されない運用提案~ 久保 逸郎 - 老後のお金の不安解消アドバイザー(2016/11/20 12:01)

1000万口座 目前 渡辺 行雄 - ファイナンシャルプランナー(2016/07/02 10:38)

「IFA JAPAN Blog 運用開始!」 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2016/02/19 09:54)

ジュニアNISAの創設 大黒たかのり - 税理士(2015/01/16 10:30)

節税目的だけでNISAを使わないで! 上津原 章 - ファイナンシャルプランナー(2015/01/06 17:49)