緩和型医療保険について - 生命保険の加入・見直し - 専門家プロファイル

山下 幸子
独立系FP事務所山下FP企画 代表・株)エイム西宮オフィス代表
兵庫県
ファイナンシャルプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:生命保険・医療保険

岡崎 謙二
岡崎 謙二
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月09日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

緩和型医療保険について

- good

  1. マネー
  2. 生命保険・医療保険
  3. 生命保険の加入・見直し
100万円トクする生命保険の見直し 生命保険

保険ニュース

 

緩和型医療保険の新商品発売(52日~)

 

損保ジャパン日本興和ひまわり生命

2015 4 2 日から引受基準緩和型(限定告知型)医療保険「新・健康のお守り ハート」を新発売となるそうです。

 

緩和型医療保険というのは、一言でいうと、保険加入にあたり、健康状態になんらかの異常(健康診断の結果表などで)の指摘、既往症があり、通常の保険加入が難しい方のための保険です。ですので、保険料はその分、割高。

 

ですが健康に不安を感じていらっしゃるので、保険に加入しておきたいというご要望は強いのですが、通常よりも保険料が高くなるので、私のほうでも、貯金で備えるということも併用してアドバイスしています。

 

緩和型の医療保険の注意点はご加入されても1年以内に病気や手術を受けられても保障が半分、入院1万円でしたら、5000円になるということです。

さらに、細かいことになりますが、通常の医療保険に比べ、手術倍率が10倍程度で、給付金額が抑えられていること、先進医療(公的な保険適用対象外の治療で全額自費)特約が付いていない、保険料が免除になるというと特約がついていないなど、やはり「緩和型医療なので」という保障の充実感がないのが、難点でした。

 

今回の損保ジャパン日本興和ひまわり生命の緩和型医療保険は、その難点をクリアにされた保険といってもいいかと思います。

 

特徴的なこととして、

 

●三大疾病の場合、入院日数が無制限

●三大疾病で保険会社の定める条件に該当すれば、その後の保険料は免除

●若い方で健康状態に問題があり医療保険に加入できない方の受け皿として

 20歳~加入年齢を引き下げている。

●保険料の支払いは終身払いだけでなく、有期払いもある

などが、あげられます。

 

詳しくはこちらをご参照くださいね。

 

 

http://www.himawari-life.co.jp/unique/images/company/news/a-01-2015-03-02.pdf