喜び事も苦しみ語とも、自分で作っているものだから。 - ビジネススキル研修全般 - 専門家プロファイル

株式会社オフィス・ウィズ 代表取締役
研修講師

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ビジネススキル研修

鈴木 誠一郎
鈴木 誠一郎
(ビジネスコーチ)
飯田 祥子
飯田 祥子
(マナースタイリスト)

閲覧数順 2017年08月19日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

喜び事も苦しみ語とも、自分で作っているものだから。

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. ビジネススキル研修
  3. ビジネススキル研修全般
プロとして生きる! キャリアを磨こう
冬といえば・・・
連想ゲームをするならば、
これって冬かぁ~~と思うような答えを見つける人もいる。

事実は一つ。
意味づけはたくさん、いっぱい、あらゆる方向に。

今日は、この意味づけをテーマにしてみました。

楽しめる人は、楽しい方向から物事をとらえる癖があり、
苦しめる人は、苦しむ方向で物事をとらえる癖がある。

それだけなのです。

そして、楽しめる人は、楽しいことが大好きなだけで、
楽しみを行動の基にして、成功していくことができるという行動特性があり、

苦しみが必要な人は、苦しむことで、自分の成長を実感しているのだから、

どっちが良いとか悪いとか、他人が決めることではない。

どちらにしろ、無意識に自分で選択をして、手に入れているものです。

人生の達人たちも同じ。
楽しいことが大好き!という達人は、常に明るく、陽気で、
今っぽい言葉でいえばポジティブです。

一方、真面目に熱心に、どうしてそこまで自分を追い込むかなぁという達人は、
ストイックで、落ち込みも激しく、ネガティブです。

自分を知り、どれが自分をより励ますことができているのかなぁ?と
考えれば、どちらのスタイルであっても良いと思います。

手段は違えど達人たちは、
自分の周りにいる人たちのためにあろうと努力している。
これだけは、まちがいない、事実です!

さて、今日、あなたの周りにある事実はなんですか?
さくっと考えて、今日も一日良き日をお過ごしくださいね。




カテゴリ このコラムの執筆専門家

(研修講師)
株式会社オフィス・ウィズ 代表取締役

実践型研修で、結果が即・行動に現れます

ビジネススキルに不可欠なコミュニケーション力。ますます重要な「聴く力」「話す力」「論理的に考える力」を高める研修はじめ、企業研修の内製化のコンサルティング、人事政策のアドバイスなど、人事に関する総合的なご支援をしています。

カテゴリ 「プロとして生きる! キャリアを磨こう」のコラム