40代からの結婚マナー ご両親に結婚の挨拶に伺うときのマナー - 自分磨き・花嫁修業 - 専門家プロファイル

一般社団法人ジャパンエレガンススタイル協会 代表理事
東京都
インストラクター養成/起業コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:婚活

舘 智彦
舘 智彦
(しあわせ婚ナビゲーター)
舘 智彦
舘 智彦
(しあわせ婚ナビゲーター)
舘 智彦
舘 智彦
(しあわせ婚ナビゲーター)
舘 智彦
(しあわせ婚ナビゲーター)
舘 智彦
(しあわせ婚ナビゲーター)

閲覧数順 2022年01月20日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

40代からの結婚マナー ご両親に結婚の挨拶に伺うときのマナー

- good

  1. 人生・ライフスタイル
  2. 婚活
  3. 自分磨き・花嫁修業
マナー&メイク&立ち居振る舞い 

こんにちは


桜ことスクールの松井千恵美です。


 


40代の結婚も多くなり、私の周りでは50代で結婚(初婚・再婚)される方も少なくありません。


社会的には立派な立場でも、こと結婚となるとマナーに悩む方は多いです。


「今さら聞けないマナー」のひとつです。


さらに、年齢的なことからお若い方とは少し違った角度でのマナーも必要となってきます。


 


 


 


本日は王道の「彼の両親に結婚の挨拶に伺うときのマナー」を見てみましょう。


 


1、服装は清楚なワンピースかツーピースまたはスーツ。メイクはナチュラルで健康的なメイク。


髪型は派手にならず清潔感を持ったスタイル。


40代でも見た目は皆さんお若いです。すでにご自分のスタイルをお持ちの方もいらっしゃいますが、


ここは、お相手のご両親の年齢(70歳前後)を考慮して、品の良いスタイルでまとめましょう。


 


2、彼から事前にご両親の職業や趣味などを聞いておき、当日の会話に役立てます。


また、大人の女性として避けるべき話題も聞いておきます。


 


3、手土産は3,000~5,000円程の果物やお菓子など後に残らない物を用意します。


事前に彼からご両親の好きな物を聞いておきます。当日は風呂敷に包んでお持ちします。


40代は贈り物に慣れている年代ですが、その時流行っている物ではなく、


お相手のご両親の年齢を考慮して有名老舗店の物が無難です。


また、ご両親は召し上がらずに、ご家族に出される場合もありますので、日持ちのする物が良いでしょう。


 


4、挨拶の言葉を考えておきます、まずは自己紹介。


結婚については男性から切り出すのがマナー。


 


5、玄関に入る前にコートは脱いでおきます。玄関に入って挨拶。


彼に紹介していただき「はじめまして、私○○と申します。本日はお時間いただきありがとうございます。」等。


 


6、正面を向いたまま靴を脱いで上がり、お尻を向けないように床にひざをついて靴を揃えます。


 


7、部屋に通されたら改めてご挨拶をします。手土産を紙袋と風呂敷から出し、正面を向けて渡します。


この時は「お好きだと聞きました」との一言を添える方が、大人の女性として相手に対する思いやりが伝わって良いでしょう。


 


8、改めて自己紹介をします。結婚については男性から切り出すのでこちらからはしません。


会話の中では、彼のことは「さん」付けで呼び、大人の女性として常に彼を立てます。


彼のご両親は「○○さんのお母様」とお呼びします。


 


9、食事の際は、「何かお手伝いすることはありませんか?」と申し出ます。


ほとんどの方は断りますので、その時は謙虚に下がります。


 


10、帰宅したらその日のうちにお礼の電話をします。帰宅が遅くなった場合は翌日の午前中に。


さらに一週間以内にお礼状を出すと良いでしょう。


 


 


結婚はお互いの家族とのお付き合いとなりますので、最初のご挨拶は大事な場面です。


また男性はこのようなマナーを知らない方も多いので、残念な誤解をされないよう、


女性が自分の両親に紹介する前には、上手にお伝えすると良いですね。



大人のためのマナースクール「桜ことスクール」

http://sakurakotoschool.com/


 






































































カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / インストラクター養成/起業コンサルタント)
一般社団法人ジャパンエレガンススタイル協会 代表理事

50歳からの起業・副業を考えている女性のためのコンサルタント

100歳時代を迎え、老後の年金問題や企業の副業推進等で自助努力が問われているいま、50歳で起業した自身の体験を通して、50歳からの女性のための起業コンサルやマナーインストラクター養成を行ってます。

カテゴリ 「マナー&メイク&立ち居振る舞い 」のコラム

自粛要請の間に輝く!(2020/04/15 08:04)

自由になるマナー(2020/04/10 23:04)

このコラムに類似したコラム

50歳の結婚と起業 松井 千恵美 - インストラクター養成/起業コンサルタント(2015/11/04 10:47)

映画「女の機嫌の直し方」に出演させていただきました! 松井 千恵美 - インストラクター養成/起業コンサルタント(2019/07/04 07:00)

結婚式・披露宴のテーブルマナー 和食・会席料理編① 松井 千恵美 - インストラクター養成/起業コンサルタント(2015/10/18 21:59)

婚活のプロフィール 舘 智彦 - しあわせ婚ナビゲーター(2019/08/21 08:47)

離婚経験者の男性 舘 智彦 - しあわせ婚ナビゲーター(2019/08/18 09:09)